燃料集合体とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 燃料集合体の意味・解説 

燃料集合体

読み方:ねんりょうしゅうごうたい

原子力発電において炉内挿入燃焼される核燃料加工品呼び名

核燃料は「ペレット」と呼ばれる円筒形の粒からなるペレット細長い金属の容器封入される。ペレット封入された筒が「燃料棒」と呼ばれる。さらに燃料棒束ねてまとめたものが燃料集合体である。

燃料集合体はチャンネルボックス呼ばれる金属の筒で覆われる。これによって冷却材流れ一定方向定めと共に、燃料集合体の保護、あるいは複雑な形状制御棒を燃料集合体の隙間挿入しやすくするガイドとしての機能も果たす。

原子炉内への設置使用後の(使用済み核燃料としての)プールでの貯蔵など、原子力発電における一連の燃料取り扱いは、燃料集合体を単位として行われる

燃料集合体

原子炉使用される状態に加工された燃料を燃料集合体といい、燃料加工最終製品でもある。燃料集合体は、ウラン燃料ペレット)が充てんされた燃料棒等間隔束ね、熱を効率良く取り出すとともに取扱い易い構造となっている。 BWR用燃料集合体は、燃料棒正方格子状例えば8本×8本)に配列したものである。全長は約4.5mであり、燃料有効長は約3.7mで、燃料棒長さ方向適当な間隔配置されたスペーサーにより支えられている。燃料棒には、外径約11mm、長さ約11mmのペレット封入されている。 PWR用燃料集合体は、燃料棒正方格子状例え17本×17本)に配列したものである。全長は約4.1mであり、燃料有効長は約3.7mで、燃料棒長さ方向適当な間隔配置されたスペーサーにより支えられている。燃料棒には、外径8mm長さ約14mmのペレット封入されている。 燃料集合体

燃料集合体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/21 13:06 UTC 版)

燃料集合体(ねんりょうしゅうごうたい、英語:fuel assembly)は、原子炉で使用される核燃料の最少単位である。






「燃料集合体」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

燃料集合体に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「燃料集合体」の関連用語

燃料集合体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アポトーシス

JCO臨界事故

もんじゅナトリウム火災事故

ガラス固化

炉心シュラウド

濃縮ウラン

高レベル放射性廃棄物

MOX燃料





燃料集合体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2016 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2016 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燃料集合体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS