ウラン燃料成型加工とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > ウラン燃料成型加工の意味・解説 

ウラン燃料成型加工

粉末二酸化ウラン等を原料として、原子炉用の燃料集合体加工することをいう。軽水炉用のウラン燃料成型加工においては二酸化ウランプレス成型してペレット状とし、それを高温焼き固めペレット作る。そのペレットジルカロイ製の燃料被覆管封じ込め燃料棒とし、燃料棒束ね製品である燃料集合体組立てる。 「MOX燃料加工」の項を参照 ウラン燃料成型加工




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウラン燃料成型加工」の関連用語

ウラン燃料成型加工のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

核分裂

ウラン燃料成型加工

沸騰水型原子炉

核燃料輸送物

アポトーシス

心のケア

緊急炉心冷却装置

正規分布





ウラン燃料成型加工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2017 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2017 Weblio RSS