アラームメータとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > アラームメータの意味・解説 

アラームメータ

アラームメータは、個人外部被ばく線量測定個人モニタリング)に用いられる測定器一つである。作業着などの胸または腹部女性)などに着用して作業できるように小型軽量にした個人線量計で、あらかじめ設定したレベルになると警報発する。高い線量率作業場所や事故時に作業を行うときなど、作業者の計画被ばくもとづき作業を行う場合使用される。 半導体検出器使用し、線量デジタル表示され直読できるようにしたもの普及している。 「計画線量」の項を参照




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アラームメータ」の関連用語

アラームメータのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アポトーシス

周辺監視区域

防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲

等値線

グローブボックス

電離作用

急性障害

MOX燃料





アラームメータのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2016 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2016 Weblio RSS