もんじゅナトリウム火災事故とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 原子力防災基礎用語 > もんじゅナトリウム火災事故の意味・解説 

もんじゅナトリウム火災事故

1995年12月8日福井県敦賀市にある動力炉・核燃料開発事業団(現:日本原子力研究開発機構)の高速増殖原型炉「もんじゅ」で二次冷却配管内部にある温度計さや管の細管部が破損し、ナトリウムが同さや管内部を伝わって流出し、ナトリウム空気中の酸素反応して火災起こした。配管中のナトリウム流れによってさや管が振動し、高サイクル疲労発生破損に至ったと判断された。 この事故では、放射性物質による運転員や環境への影響はなかった。 国際原子力事象評価尺度INES)のレベル1と評価された。 もんじゅナトリウム火災事故




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

もんじゅナトリウム火災事故のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高レベル放射性廃棄物

JCO臨界事故

自然放射線

放射性物質

等値線

サーベイメータ

ウラン燃料成型加工

ガラス固化





もんじゅナトリウム火災事故のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文部科学省文部科学省
Copyright (C) 2016 文部科学省 All rights reserved.
環境防災Nネットホームページ原子力防災基礎用語集

©2016 Weblio RSS