揉捏法とは?

揉捏法(揉撚法)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/07/07 22:19 UTC 版)

術手患部密着させ、垂直に圧をかけ、その圧を抜かずに筋組織を動かす手技作用としては主として筋肉作用を及ぼし、組織新陳代謝盛んにする。また腹部におこなう時は、胃腸の蠕動機能高め便通よくする把握揉捏法 四指と母指により筋肉強く握って筋肉走行に従って絞り揉む手技母指揉捏法 按摩の代表とされる手技で、施術部に母指腹を以って加圧し、その加圧した状態で筋線維に対して直方向に揉捏する方法。このとき、母指のみに力を加え、四指には力を入れてはならない。その他、輪状に行う方法もある。 手根揉捏法 手根部または母指球をあてて輪状に揉む手技肩甲骨下部など硬い部位に用いる。 漕(ろとう)揉捏 両手掌を重ねてあたかも「舟の」を漕ぐような動きで、主に腹部施術する。

※この「揉捏法(揉撚法)」の解説は、「按摩」の解説の一部です。» 「按摩」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「揉捏法」の関連用語

揉捏法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




揉捏法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの按摩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS