仮登記とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 登記 > 仮登記の意味・解説 

かり とうき [3] 【仮登記】

本登記をするのに必要な要件完備しない場合に,将来なされる本登記順位保全のために予備的にされる登記

仮登記(かりとうき)

住環境関わる用語

登記をするのに必要な手続要件または実体要件を満たさない場合に、将来される登記本登記)の順位をあらかじめ保全するために行う登記のこと。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

仮登記

予備登記のこと。購入した不動産所有権自分にあるということ他人に主張するために行うことを登記または本登記というが、購入代金一部内金中間金として支払った段階では、まだ本登記を行うことはできない。そこで、その不動産所有権将来移転するということを示すために、仮登記を行うことになる。売り主万が一第三者二重販売したとしても、仮登記をしておけば、後から購入した第三者対抗することができるので、安心だ。

仮登記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/04 09:26 UTC 版)

仮登記(かりとうき)とは、不動産登記法に基づく不動産登記の方法のひとつ。




「仮登記」の続きの解説一覧





仮登記と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

仮登記に関連した本

仮登記に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「仮登記」の関連用語

仮登記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




仮登記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2014 Houterasu All rights reserved.
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2014 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮登記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS