マウンテン-バイクとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 自転車 > マウンテン-バイクの意味・解説 

マウンテンバイク [6] 【mountain bike】

オフ-ロードを走るための自転車軽量堅牢なフレーム,溝の深いタイヤ直線状のハンドル,多段変速ギヤなどが特徴MTB商標名。 ATB とも。

MTB

〖mountain bike〗
マウンテン-バイク

マウンテンバイク

歴史と沿革

マウンテンバイクは、1970年代後半にアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ郊外マリン郡誕生したといわれています。1979年ゲーリー・フィッシャーが『マウンテンバイク』と名付ける前までは『クランカー』『バルーナ』『ファット・タイヤ』などと呼ばれていました。そもそも1970年ころ自転車アウトドアスポーツ好きの若者たちが、山道下って楽しむために自転車改造したのが始まりです。強力なブレーキワイド変速ギヤなどを装備させたその改造自転車がマウンテンバイクの原形といえます。

その後、マウンテンバイク専用フレームパーツ開発されたことで格段に性能上がり、単に山道を下るだけの道具から、オフロード自在に走って楽しむ新しい遊び道具として世界中愛好者広がりました。日本にも1980年にマウンテンバイクの概念が入ってきました。

1980年代後半になると、マウンテンバイクの競技北米盛んになりました。国内では1988年日本マウンテンバイク協会全日本選手権を初開催優勝大竹雅一選手)。同年アメリカのマンモスマウンテンで開催された『NORBA世界選手権大会』には5人の代選手派遣しています。1989年にオブザーブド・トライアルで柳原康弘選手優勝世界チャンピオンになったことで、一気人気スポーツとして注目されるようになりました。1990年には、アメリカコロラド)でUCI国際自転車競技連合Union Cyclist International)による初の世界選手権開催されました。それと同時にパーツ強化軽量化、フロントサスペンションの装備など、ハード面でも急速な進化始まりました。

1990年代に入ると、レジャー人口競技人口とも飛躍的拡大します。UCI世界各地転戦して総合ポイント競うワールドカップ』、年1回の『世界選手権大会』などの国際的ビッグレースを開催国内でも転戦してポイント競う『ジャパン・シリーズ』をはじめ、愛好者気軽に参加できるマウンテンバイク競技イベント全国各地年間100レース以上開催されています。

1996年アトランタオリンピックで、クロスカントリー競技が正式種目として実施されました。これにより国際的にも認知され、アウトドアスポーツとしての地位確固たるものにしました。

2001年8月、IMBA(国際マウンテンバイク協会International Mountain Bicycling Association)が推進していたキッズ・プログラムを、日本で『全国小学生中学生大会』として開催これまで大人中心だったマウンテンバイク競技ですが、子供向けプログラムも各大会充実してきたことにより、ファミリースポーツとしての広がり期待されています。オリンピック頂点とする競技スポーツであり、レクリエーションとしての生涯スポーツでもあるマウンテンバイク。アメリカ若者遊び心から始まり世界中の人の心をとらえたスポーツへと進化しました。


競技種目

ダウンヒル(坂を下る)のタイム競うファンレースの道具として生まれたマウンテンバイク。現在では変速機ハード発達レース形態バラエティに富んでいます。参加カテゴリー分類(各大会ともビギナースポーツエキスパートエリートのようなカテゴリー分けあります)によって初級者から上級者までそれぞれのレベル楽しめること、緊急医療体制安全管理が整っていること、人や自動車などとの遭遇リスクがないクローズされた専用コース行なうこと、恵まれ自然環境のなかでレースができること、などの理由から人気が高まり、近年では気軽にエントリーする人が増えています。

クロスカントリーXC
アップダウンのあるオフロードコースで順位競うレース公認大会では1周6km上の周回路を使用し、2時間程度周回数で(5~8周程度)競われる。 持久力もとより、マウンテンバイクに求められる技術総合力が試されるレースオリンピック競技大会世界選手権大会ワールドカップ実施種目

ダウンヒルDH
オフロード下りのみのコースタイム競うレース。距離は1.5~3.5kmトップレベル選手は、コースによっては最高時速90km達することもある。最上級のマウンテンバイク・コントロール技術求められるレース世界選手権大会ワールドカップ実施種目

●4クロス4X
下り400m程度コースを4人同時にスタートして先着競う。単純ではあるが、いくつもジャンプなどの障害があり、マウンテンバイクの緻密なコントロール技術、また相手との駆け引きなどが要求される。 ショートコース中に技術的精神的要素が詰まったレース数年前まで2名で競った「デュアル」の進化版。世界選手権大会ワールドカップ実施種目

エンデュランス
規定時間内の周回コースでの周回数を競うレース個人参加のほか、数名のチームによる交代が可能な場合多く規定時間1時間から24時間多彩大会によっては初心者でも十分に楽しめる種目。

●オブザーブド・トライアル
走行困難なセクションを、地面に足をついたりコースから外れないでいかに走りきるかを競う競技減点制で行なわれる。各セクション1020程度の短いものが多いが、さまざまなセクション用意される。

備考
日本マウンテンバイク協会1987年設立以来、マウンテンバイクの競技指導環境整備など多岐にわたる活動、さらに普及大会や、全国小中学生大会などの競技公認インストラクターによる“安全で楽しく”を実践する普及活動などを行なっています。国際交流ではIMBA国際協会加盟し、さらなる普及振興努めています。



マウンテンバイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/24 07:49 UTC 版)

マウンテンバイク(mountain bike、MTB)とは、荒野、山岳地帯等での高速走行、急坂登降、段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、軽量化並びに耐衝撃性、走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車[1]のこと。舗装路でも広く利用されており、用途によって様々な形態が存在する。


  1. ^ 日本マウンテンバイク協会ウェブサイト「MTBって何?」より
  2. ^ http://www.sram.com/sram/mountain/family/xx1
  3. ^ 例:第二次世界大戦前のビーチクルーザー「エクセルシオール」(シュウィン)


「マウンテンバイク」の続きの解説一覧





マウンテン-バイクと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

マウンテン-バイクに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マウンテン-バイク」の関連用語

マウンテン-バイクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スピードスケート

エアロビック

デンマーク体操

ナスターレース

セパタクロー

カンガクリケット

トライアスロン

ライフセービング





マウンテン-バイクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマウンテンバイク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS