東京都区部 地域

東京都区部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/10 10:29 UTC 版)

地域

特別区

特別区一覧

練馬区板橋区北区 (東京都)足立区荒川区豊島区中野区杉並区葛飾区新宿区文京区台東区墨田区世田谷区渋谷区目黒区港区 (東京都)千代田区中央区 (東京都)品川区大田区江東区江戸川区
東京都区部の各区の位置(クリックでリンク先に移動) /
団体コード 読み 推計人口
[注 5]
面積 人口密度
131016 千代田区 ちよだく 68,745人 11.66km² 5,896人/km²
131024 中央区 ちゅうおうく 182,313人 10.21km² 17,856人/km²
131032 港区 みなとく 267,982人 20.36km² 13,162人/km²
131041 新宿区 しんじゅくく 356,631人 18.22km² 19,574人/km²
131059 文京区 ぶんきょうく 247,239人 11.29km² 21,899人/km²
131067 台東区 たいとうく 222,690人 10.11km² 22,027人/km²
131075 墨田区 すみだく 282,727人 13.77km² 20,532人/km²
131083 江東区 こうとうく 537,797人 42.99km² 12,510人/km²
131091 品川区 しながわく 425,832人 22.85km² 18,636人/km²
131105 目黒区 めぐろく 286,765人 14.67km² 19,548人/km²
131113 大田区 おおたく 749,960人 61.86km² 12,124人/km²
131121 世田谷区 せたがやく 944,097人 58.05km² 16,264人/km²
131130 渋谷区 しぶやく 244,900人 15.11km² 16,208人/km²
131148 中野区 なかのく 350,248人 15.59km² 22,466人/km²
131156 杉並区 すぎなみく 592,904人 34.06km² 17,408人/km²
131164 豊島区 としまく 308,458人 13.01km² 23,709人/km²
131172 北区 きたく 361,918人 20.61km² 17,560人/km²
131181 荒川区 あらかわく 221,732人 10.16km² 21,824人/km²
131199 板橋区 いたばしく 590,155人 32.22km² 18,316人/km²
131202 練馬区 ねりまく 756,795人 48.08km² 15,740人/km²
131211 足立区 あだちく 699,479人 53.25km² 13,136人/km²
131229 葛飾区 かつしかく 457,834人 34.80km² 13,156人/km²
131237 江戸川区 えどがわく 693,298人 49.90km² 13,894人/km²
合計 9,850,499人 627.51km² 15,698人/km²

都区部域内の区分

気象庁による警報区分

出典 - [15]

  • 23区西部(16区) - 中央区、千代田区、文京区、港区、新宿区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区、板橋区、豊島区、北区
  • 23区東部(7区) - 台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区

東京都福祉保健局による区分

  • 23区西部(10区) - 港区・新宿区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・練馬区
  • 23区東部(13区) - 台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・千代田区・中央区・文京区・豊島区・北区・板橋区

「東京の産業と雇用就業」での区分け

東京都産業労働局発行の「東京の産業と雇用就業2008」では、以下のような地域に分けられている[16]

都心地域 千代田区、中央区、港区
副都心地域 新宿区、文京区、渋谷区、豊島区
城東地域 台東区、墨田区、江東区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区
城南地域 品川区、目黒区、大田区
城西地域 世田谷区、中野区、杉並区、練馬区
城北地域 北区、板橋区

「全国家計構造調査」での区分け

総務省の基幹統計調査である全国家計構造調査では、以下のような地域に分けられている。

区部センターコアエリア 千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、渋谷区、豊島区、荒川区
区部東部・北部エリア 北区、板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区
区部西部・南部エリア 品川区、目黒区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、練馬区


所属未確定地

公有水面が埋め立てられて生じた土地については、行政上の所属が未確定の場合がある。

  • 東京高速道路およびその高架下(西銀座デパートなど)- 皇居外濠、京橋川、汐留川を埋め立てて作られたものであるが、外濠は千代田区と中央区、汐留川は中央区と港区の境界線になっており、東京高速道路およびその高架下は区界の上に存在する。こうした経緯により、その行政上の所属は未確定のままである。
  • 中央防波堤埋立地 - 江東区・大田区が長らく帰属を主張し係争していたが、2019年令和元年)9月20日に東京地方裁判所より中央防波堤外側埋立地の西側(全体の20.7%)が大田区側、同東側と内側埋立地全域(同79.3%)が江東区側に帰属するとの判決が下され、両区ともこの判決を受容することを公表している[17]。なお、新海面処分場については同判決においても帰属先が示されておらず、係争が継続している。

注釈

  1. ^ 都条例上の都庁所在地は、新宿区西新宿2丁目。
  2. ^ この場合、「東京都区部」「東京23区」以外の呼称として、単に「東京」とも言う。「東京」と呼称する例として、報道機関の天気予報があり、都区部を1つの都市として扱う例にJRの「特定都区市内制度」がある。
  3. ^ 麻布区広尾のみ明治通りの内側でありながら、後に渋谷村となった。
  4. ^ 2014年に観測地を大手町露場から北の丸公園露場に移転[14]
  5. ^ 2024年5月1日現在。

出典

  1. ^ JIS X0402より
  2. ^ “第Ⅲ章 市区町村別面積 13 東 京 都” (PDF). 令和6年 全国都道府県市区町村別面積調(1月1日時点). 国土交通省 国土地理院. (2024-03-25). p. 28. https://www.gsi.go.jp/KOKUJYOHO/MENCHO/backnumber/GSI-menseki20240101.pdf 2024年6月10日閲覧。 
  3. ^ 大辞泉「東京都区部」。「区域」という語を使って説明している。
  4. ^ 多極分散型国土形成促進法(昭和六十三年法律第八十三号)第四条:国の行政機関等の東京都区部からの移転等”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2015年9月11日). 2020年1月23日閲覧。 “2016年4月1施行分”
  5. ^ 東京都の県庁(都庁)所在地について|その他の情報|東京都政策企画局”. 東京都政策企画局. 令和5年1月18日閲覧。
  6. ^ 東京都の都庁所在地が「新宿」ではなく「東京」なのはなぜですか。|株式会社帝国書院”. (株)帝国書院. 令和5年1月18日閲覧。
  7. ^ a b c 県と歪み増す政令市 大都市行政現状を探る 『日本経済新聞』 平成23年11月22日 東京・首都圏経済面
  8. ^ a b 明治四年朱引内四十四区制について 中元幸二 『東京都公文書館 研究紀要』(第4号)、pp.14-40、平成14年3月
  9. ^ 最高裁大法廷判決昭和38年3月27日刑集17巻2号121頁参照。
  10. ^ 1875年1881年赤坂区溜池葵町(港区虎ノ門)、1882年1922年麹町区代官町皇居北桔橋門付近)、1923年2014年12月1日千代田区大手町、2014年12月2日以降は千代田区北の丸公園で観測。
  11. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2024年2月14日閲覧。
  12. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2024年2月閲覧。
  13. ^ 過去の気象データ”. 気象庁. 2022年1月1日閲覧。
  14. ^ 観測部東京管区気象台『測候時報』 83巻、気象庁、2016年。ISSN 2758-1381https://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/sokkou/83/vol83p001.pdf 
  15. ^ 予報と警報・注意報の細分区域一覧表 気象庁 (PDF)
  16. ^ 東京都産業労働局総務部企画計理課編「第2部第3章」『東京の産業と雇用就業2008』(PDF)東京都産業労働局総務部企画計理課、2008年、72頁http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/monthly/sangyo/sangyo-industry-and-employment/2008/2008part2-03.pdf 
  17. ^ “東京湾の人工島帰属、判決確定へ=大田区控訴せず、五輪会場は江東区”. 時事通信. (2019年10月3日). https://web.archive.org/web/20200719114934/https://www.jiji.com/jc/article?k=2019100301108 2019年10月7日閲覧。 
  18. ^ 東京都統計年鑑 平成18年 2 人口 2-3 地域別人口(東京都)
  19. ^ 令和2年国勢調査 人口等基本集計 結果の要約』(PDF)(プレスリリース)総務省、2021年11月30日。 オリジナルの2021年12月1日時点におけるアーカイブhttps://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/11969009/www.stat.go.jp/data/kokusei/2020/kekka/pdf/summary_01.pdf2022年3月22日閲覧 
  20. ^ 令和2年国勢調査 人口等基本集計結果概要”. 東京都の統計. 東京都総務局統計部. 2022年3月22日閲覧。
  21. ^ 一覧”. 2024年1月7日閲覧。
  22. ^ 東京カレンダー | 最新のグルメ、洗練されたライフスタイル情報”. 東京カレンダー | 最新のグルメ、洗練されたライフスタイル情報. 2024年4月14日閲覧。
  23. ^ [1]
  24. ^ ねりままちづくり情報誌「こもれび」第45号 (PDF) (2011年10月)、財団法人練馬区都市整備公社 練馬まちづくりセンター
  25. ^ 埼玉にある練馬区の飛び地、港区にあるのに品川駅の謎”. NEWSポストセブン. 2023年3月24日閲覧。
  26. ^ 大型貨物等の都心部の通行禁止について 警視庁 2018年7月31日更新。2020年8月26日閲覧。
  27. ^ [2]
  28. ^ 三つ星、パリ抜き11店に ミシュラン東京2010年版
  29. ^ 美食東京、星200店に増 10年版ミシュランガイド
  30. ^ ミシュランガイドに取り上げられている主な都市の星数





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東京都区部」の関連用語

東京都区部のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東京都区部のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東京都区部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS