有島武郎 主な評伝

有島武郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/29 14:47 UTC 版)

主な評伝

親族

妻の神尾安子と

妻安子(1916年没)は陸軍大将男爵神尾光臣の次女。2人の間に子として、行光(俳優の森雅之、森と愛人との間に愛のコリーダなどで活躍した女優の中島葵。また森の孫にミュージシャンの有島コレスケ)、敏行(翻訳家。石井好子と婚約していたと言われるが[2]第二次世界大戦中に若くして結核で亡くなる)、行三(母方の神尾家を継ぎ男爵。次男はシンガーソングライターの平岩英子の夫でシンセサイザー奏者の有島明朗(母方の神尾から改姓))[3]

弟に画家の有島生馬、作家の里見弴日本油脂取締役の有島行郎(次男に創価学会初代音楽隊長で公明党代議士の有島重武)。妹シマは東京慈恵会医科大学を設立した高木兼寛の長男喜寛と結婚。妹の愛は三笠ホテル経営者の山本直良と結婚(愛の孫に指揮者作曲家山本直純[3]

逸話

  • 東京都千代田区六番町にある家には落語家3代目三遊亭圓歌が住んでいたが、晩年に転居している[4]
  • 1922年(大正11年)、大杉栄ベルリン国際無政府主義大会に参加するために密航を企図すると、密かに渡航費を大杉に渡し、後に新聞記者に対して「僕は大杉君とは立場が違うが、ああいう器局の大きい人物を、いたずらに日本のようなせせっこましい所に置いて、内輪喧嘩をさせておくのは惜しいような気がしたので、世界の大勢を見てきたほうがよかろうと考えたからである」と談話している。(大杉栄『日本脱出記』、大杉豊『日録・大杉栄伝』より)
  • 有島は極端に蛇を怖がった。その一方で波多野秋子は蛇が好きで、蛇がかすかに頭をもたげて蛇腹がぐるりと指をとりまくデザインの指輪をはめていた。ただし、波多野が遺体で発見された際にはその指輪をはめていなかったことから、有島と交際するようになってからその指輪を外したとみられている。

脚注




「有島武郎」の続きの解説一覧




有島武郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有島武郎」の関連用語

有島武郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



有島武郎のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの有島武郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS