作品社 作品社の概要

作品社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/15 14:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
作品社

Sakuhinsha 1.jpg

作品社が3階に入居するオオムラビル。右隣は竹書房の社屋
正式名称 株式会社 作品社
現況 事業継続中
種類 株式会社
出版者記号 87893,86182 
取次コード 2883
設立日 1979年
本社郵便番号 〒102-0072
本社所在地 東京都千代田区飯田橋2-7-4
外部リンク http://www.sakuhinsha.com/
Twitter https://twitter.com/sakuhinsha
テンプレートを表示

概要

ヘーゲルの著作を長谷川宏の訳で多く出版。そのほか社会科学哲学書を多数刊行。

日本の名随筆』シリーズや、八切止夫の作品出版を続けた。傍ら『ペニスの文化史』などの、性にまつわる文化史(あるいはセクソロジー)の翻訳本を多数出版している。『ヴァギナの文化史』は1年間で12刷を数えるほどのヒットとなり、『体位の文化史』はタモリ倶楽部で取り上げられ話題を集めた。仲正昌樹の「入門講義」シリーズが好評を博している。

熊野純彦訳「判断力批判」「実践理性批判」「純粋理性批判」を刊行し、三批判書個人完訳を成し遂げた。海外文学では「金原瑞人選オールタイム・ベストYA」のシリーズがあり、八重樫克彦・八重樫由貴子訳でE・ロセーロ、M・バルガス=リョサ、M・アギニスが刊行されている。岸本佐知子訳のリディア・デイヴィス、佐川愛子訳のE・ダンティカでも知られる。ジョン・ウィリアムズ/東江一紀訳『ストーナー』は第一回日本翻訳大賞読者賞を受賞した。

沿革

  • 1979年1月設立。戦前の文芸雑誌「作品」(1930年から1940年まで刊行)が、社名の由来。1980年には同名の純文芸雑誌「作品」を刊行したが、7号で休刊となった。編集長は寺田博、新人作家を対象にした文学賞「作品賞」も設けられ、稲葉真弓(当時のペンネームは倉田ゆみ)が花井俊子と同時受賞したが、雑誌の休刊により第1回で終わった。
  • 第14回「出版梓会文化賞」受賞。
  • 第53回「毎日出版文化賞」を企画部門で受賞。

外部リンク




「作品社」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作品社」の関連用語

作品社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



作品社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの作品社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS