ワシントン・コマンダース 大統領選挙にまつわるジンクス

ワシントン・コマンダース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/02 23:29 UTC 版)

大統領選挙にまつわるジンクス

アメリカ合衆国大統領選挙との関連で、「レッドスキンズが投票日前最後の本拠地でのゲームに勝てば現職与党候補が当選、負ければ野党候補が当選」というジンクスが存在し、1936年以降17回にわたって的中してきたが、下記のように的中しないこともある。

2004年10月31日の本拠地でのグリーンベイ・パッカーズとの試合では14-28で敗れたため、ジンクス通りなら民主党候補のジョン・ケリーが当選となるはずだったが、結果は共和党現職のジョージ・W・ブッシュが再選を果たし、ジンクス通りにはならなかった。

2012年11月04日のカロライナ・パンサーズとの試合では21-13で敗れ、ジンクス通りなら共和党候補のミット・ロムニーが当選だが、結果は民主党現職のバラク・オバマが再選を果たし、ジンクスは外れることとなった。

インディアンによる名称変更訴訟

全米のインディアン部族や団体は、同チームの「レッドスキンズ(赤い肌)」というインディアン民族に対する蔑称の使用の廃絶撤廃を求め、1967年から使用されているトレードマークの使用禁止などについて、1992年から連邦裁判所に提訴を行っている[11](→こちらも参照のこと)。レッドスキンズはアメリカ先住民を「赤色人種」と呼んでいたことに由来するが、現在ではこのような肌の色による人種の類型化は否定されている。これは、全米のスポーツチームが使用している「インディアン・マスコット」を「インディアンに対する侮辱、中傷、人種差別である」とする撤廃要求の一環である。

なお、1999年に行われた裁判で商標登録は米国特許商標局が却下した[11]

2009年5月15日、ワシントンD.C.の控訴裁判所はトレードマークがインディアンの人種差別につながっていないと下級審の判断を支持した[11]

2009年11月16日、連邦最高裁判所は、これらインディアン団体の審理要求を拒否した。裁判官はコメントなしで、下級裁判所が上訴した、「レッドスキンズという名称が、人種的に非常に不快であり、商標保護に値しない」という彼らの主張の再審理を却下したのである[63]

「レッドスキンズ」の顧問弁護士、ロバート・ラスコフはこの裁定に対し、「私たちは非常に喜ばしい思いでいっぱいです、訴訟が1992年に最初に起こされて以来、それは長い道のりでした」と述べ、「私たちは法廷が、見物にするだけの問題もまるで認めなかったことに驚いてもいません」と喜びを語った。

一方、インディアン側の代理人であるフィリップ・モーゼは「失望しました」と声明を出し、挑戦者のグループの一つは、手続き上での最後の望みとして、商標におけるキャンセル訴訟を起こした。これに対しラスコフは、「レッドスキンズ」はこの新しい苦情を意にかけない、とし、「私たちが負けることはあり得ませんね」と述べた。

「レッドスキンズ」はインディアン団体の抗議に対し、数十年にもわたって「このチーム名はインディアンに対する敬意の表れだ」として、ひたすらこのマスコット名を擁護している。もともと「ボストン・ブレーブス」だったこのチーム名が「レッドスキンズ」となったのは、1933年のことである。チームは裁判での要約で、この新しい名称が「チームのヘッド・コーチの、インディアンのウィリアム・“ローンスター”ディーツの尊称だった」と法廷で述べ立て、「この商標登録の毎年の更新料として、我々は長年にわたり何百万ドルも支払い続けてきている」と居直った。

インディアン団体は、「インディアン・マスコット」を廃止するよう、何十もの高校大学のスポーツチームを説得し続けてきた。「アメリカインディアン国民会議」(NCAI)は、「レッドスキンズ」の名について、裁判で「あからさまに不快なこきおろしであり、数世紀にわたって犯し品位を落としめ続けてきたステレオタイプである」とこれを糾弾してきた。しかし、チームはまったく取り合う姿勢を見せず、ラスコフは、元チームオーナーのジャック・ケント・クックも現オーナーのダニエル・スナイダーも、両人ともチーム名を変えることに関して「ささやき声さえ一度もなかった」と述べている。しかし、こと「商標」としての観点からすれば、チームの楽観視は尚早との声もある。

この法廷闘争は、スーザン・ショーン・ハルジョヴァイン・デロリア・ジュニアらを代表とする7人のインディアンたちが、1967年に発行された「レッドスキンズ」の商標登録に戦いを挑んだ1992年に始まった。彼女らは1999年に「商標審理と上訴委員会」から「レッドスキンズの名は、インディアンにとって不快であると解釈できる」と返答を受けているのである。アメリカの商標法は「生者、死者にかかわらず、軽蔑的、または不当なこきおろしを含んだ名前の登録を禁止する」とある。

これと並行して、ニュージャージー州選出の連邦下院議員フランク・パローネ英語版は「インディアン・マスコット」の廃絶法案を議会に提出しており、この裁決に対して「必要とあらば、法改正で臨む」と表明した。

2014年6月18日、米国商標審判部は、先住民のグループが訴えを起こしていた、商標登録の取り消しを求める訴訟に対して、チーム名が個人や団体への侮辱につながる商標を禁じた連邦法に抵触しており、商標を取り消す判断を下した。チーム側はこれを不服とし、上訴すると表明した[64]。なお、商標登録の取り消しが確定した場合、チーム名を変更しなくても活動や商行為を行うことはできるが、関連商品の海賊版に対して法的手段に訴えることが難しくなり、収入面で打撃を受けるとみられている。

2020年7月、ジョージ・フロイド抗議運動に鑑み、改称の検討が開始され[65]、同月13日、旧ニックネームと旧ロゴは廃止された。当初は2020年シーズンの開始までに新ニックネームと新ロゴが決定されると発表されたが、同月23日、2020年シーズンは暫定的に「ワシントン・フットボールチーム」という名称を用いることと、チームカラーが維持された新ユニフォーム及びロゴの代わりに選手の背番号が書かれた新ヘルメットを発表した。2021年シーズンも引き続き暫定名称を用いて活動した。

2022年2月2日、新名称「ワシントン・コマンダース」と新ロゴを発表した[66][67]

文化

マーチングバンド

ワシントン・コマンダース・マーチングバンド(2016年)

チームは、ワシントン・コマンダース・マーチングバンドWashington Commanders Marching Band、旧称:ワシントン・レッドスキンズ・マーチングバンド)と呼ばれるマーチングバンドを有しており、NFLの中でも最も古く、1937年から活動を行っている。ホームゲームでは、タッチダウンが起こる度に、ファイトソング「Hail to the Redskins」を演奏する。

ファン

ワシントン・コマンダースには熱狂的で個性的なファンが多くいることで知られる。ホゲッツ(Hogettes)と呼ばれるファングループは、女性用のスカートとガーデンパーティ帽を着用し、豚の鼻を付けて試合に訪れる。ホゲッツのメンバーは、チームを応援するだけでなく、慈善活動にも積極的に参加し、Visaの広告にも起用されたことがある。今まで集めた募金は1億ドルを超えている。

また、この他にもチーフ・ジー(Chief Zee)と呼ばれる著名なファンもおり、ネイティブ・アメリカンの格好をした非公式マスコットとして活動していた。1978年以降、試合日を中心に活動を行い、2016年に75歳で亡くなるまで、スタジアムに駆けつけていた。


注釈

  1. ^ 当時ゴールポストはエンドラインにあった。
  2. ^ この当時のポジション名はフランカー、またはスプリットエンド
  3. ^ ストライキでレギュラーシーズンが9試合に短縮された年にボルチモア・コルツが11回のターンオーバーしか取れなかった。

出典

  1. ^ ワシントンの新名称は「ワシントン・コマンダース」に決定”. NFL公式サイト日本語版 (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  2. ^ NFLワシントンの新ニックネームはコマンダース 旧名はレッドスキンズ”. スポーツニッポン (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  3. ^ NFLワシントン、新チーム名は「コマンダーズ」”. フランス通信社 (2022年2月3日). 2022年2月13日閲覧。
  4. ^ NFLワシントン、新球団名は「コマンダーズ」に”. 日本経済新聞 (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  5. ^ NFLワシントンが新球団名”. 朝日新聞 (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  6. ^ NFLの仮称ワシントンが新球団名 司令官意味する「コマンダーズ」”. 毎日新聞 (2022年2月3日). 2022年2月13日閲覧。
  7. ^ 新名称は「ワシントン・コマンダーズ」 レッドスキンズから変更”. 47NEWS (2022年2月3日). 2022年2月13日閲覧。
  8. ^ ワシントン・フットボール・チームの新球団名「コマンダーズ」に/NFL”. サンケイスポーツ (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  9. ^ NFLワシントンが新球団名”. デイリースポーツ (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  10. ^ 【NFL】ワシントンの新チーム名は「コマンダーズ」 チームロゴは「W」”. ベースボール・マガジン社 (2022年2月2日). 2022年2月13日閲覧。
  11. ^ a b c d レッドスキンズのトレードマーク、人種差別には当たらずとの判決 NFL JAPAN 2009年5月16日
  12. ^ http://www.forbes.com/nfl-valuations/list/
  13. ^ Redskins Set NFL Attendance Record In '07 ワシントン・レッドスキンズHP 2008年3月31日
  14. ^ Washington Redskins Championship History”. NFLTeamHistory.com. 2008年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年12月29日閲覧。
  15. ^ Washington Redskins History”. CBSスポーツ. 2009年12月29日閲覧。
  16. ^ Washington Redskins History: 1930”. ワシントン・レッドスキンズ. 2009年2月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年12月29日閲覧。
  17. ^ 第7回スーパーボウル”. NFL JAPAN (2012年). 2013年6月1日閲覧。
  18. ^ 第17回スーパーボウル”. NFL JAPAN (2012年). 2013年6月1日閲覧。
  19. ^ 第18回スーパーボウル”. NFL JAPAN (2012年). 2013年6月1日閲覧。
  20. ^ MNF History: 1985”. ABC (2002年8月29日). 2013年6月1日閲覧。
  21. ^ 芝山幹郎 (2010年2月7日). “オアーとテイラーの皮肉な関係。~映画『しあわせの隠れ場所』とNFLの伝説的スーパースター~”. Sports Graphic Number. 2013年6月1日閲覧。
  22. ^ レッドスキンズ、バッカニアーズを破る”. AFP (2006年1月8日). 2012年1月27日閲覧。[リンク切れ]
  23. ^ ハッセルベック、チームを勝利に導く!”. AFP (2006年1月15日). 2012年1月27日閲覧。
  24. ^ アーリントン ジャイアンツに7年契約で移籍”. AFP (2006年4月23日). 2012年1月27日閲覧。
  25. ^ 悲劇から1年、元レッドスキンズの故テイラー氏に栄誉 NFL JAPAN 2008年11月6日
  26. ^ レッドスキンズ カウボーイズを降し最終戦でプレーオフ進出を決める”. AFP (2007年12月31日). 2012年1月27日閲覧。
  27. ^ シーホークス レッドスキンズを破りNFC準決勝進出”. AFP (2008年1月6日). 2012年1月27日閲覧。
  28. ^ レッドスキンズ ドルフィンズからテイラーを獲得”. AFP (2008年7月22日). 2012年1月27日閲覧。
  29. ^ レッドスキンズ逆転勝ち、ライオンズは開幕7連敗”. NFL JAPAN (2008年10月27日). 2012年1月27日閲覧。
  30. ^ DTハインズワースがレッドスキンズ入り、守備初の1億ドル選手に NFL JAPAN 2009年2月28日
  31. ^ FA契約第1号、CBホールが6年53億円でレッドスキンズ残留 NFL JAPAN 2009年2月27日
  32. ^ レッドスキンズ、チームひと筋10年のTジャンセンを解雇 NFL JAPAN 2009年5月30日
  33. ^ レッドスキンズがベテランWRを解雇、このまま引退か NFL JAPAN 2009年6月13日
  34. ^ ライオンズ レッドスキンズに勝利し連敗を19で止める”. AFP (2009年9月28日). 2012年1月27日閲覧。
  35. ^ レッドスキンズGM、ゾーンHCの今季中の解任なしを明言 NFL JAPAN 2009年10月24日
  36. ^ 低迷レッドスキンズ、GM交代の荒療治を断行 NFL JAPAN 2009年12月18日
  37. ^ シャナハン新HC誕生、レッドスキンズ再生へ「全力尽くす」”. NFL JAPAN (2010年1月7日). 2011年8月31日閲覧。
  38. ^ イーグルスの名QBマクナブ、レッドスキンズへトレード!”. NFL JAPAN (2010年4月5日). 2011年8月31日閲覧。
  39. ^ シャナハンHCがハインズワースと面談、詳細は明かさず”. NFL JAPAN (2010年8月24日). 2011年8月31日閲覧。
  40. ^ リーグ最多タイ4INTのCBホール選出、週間MVP守備部門”. NFL JAPAN (2010年10月28日). 2011年8月31日閲覧。
  41. ^ マクナブ交代が裏目に、本人はHC批判せず「プロであらねば」”. NFL JAPAN (2010年11月1日). 2011年8月31日閲覧。
  42. ^ QBマクナブ、レッドスキンズと2015年まで契約延長”. NFL JAPAN (2010年11月16日). 2010年11月17日閲覧。
  43. ^ マクナブの長期契約、今季終了後に無効にできる条件付き”. NFL JAPAN (2010年11月17日). 2010年11月17日閲覧。
  44. ^ レッドスキンズ、元エースRBポーティスを解雇”. NFL JAPAN (2011年3月1日). 2012年1月27日閲覧。
  45. ^ マクナブのバイキングス移籍決定、契約見直し合意”. NFL JAPAN (2011年7月28日). 2011年8月2日閲覧。
  46. ^ レッドスキンズ、トレードでRBハイタワー獲得”. NFL JAPAN (2011年8月1日). 2012年1月27日閲覧。
  47. ^ レッドスキンズ好発進、攻守まとまり同地区ジャイアンツに快勝”. NFL JAPAN (2011年9月12日). 2012年1月27日閲覧。
  48. ^ 好調レッドスキンズ、「WR陣はリーグ最高」とQBグロスマン”. NFL JAPAN (2011年9月23日). 2012年1月27日閲覧。
  49. ^ 【第6週プレビュー】4連敗イーグルス、正念場の同地区対決”. NFL JAPAN (2011年10月13日). 2012年1月27日閲覧。
  50. ^ イーグルス連敗ストップ、レッドスキンズは4INTで自滅”. NFL JAPAN (2011年10月17日). 2011年10月21日閲覧。
  51. ^ レッドスキンズ、先発QBをベックへ交代”. NFL JAPAN (2011年10月20日). 2012年1月27日閲覧。
  52. ^ QBグロスマン、パンサーズ戦は点滴受けながらTV観戦”. NFL JAPAN (2011年10月26日). 2011年11月27日閲覧。
  53. ^ レッドスキンズ大打撃、攻撃の両輪が負傷で長期離脱”. NFL JAPAN (2011年10月25日). 2012年1月27日閲覧。
  54. ^ 【第11週プレビュー】上り調子のカウボーイズ、必勝期す同地区対決”. NFL JAPAN (2011年11月17日). 2011年11月27日閲覧。
  55. ^ カウボーイズがOT制して3連勝、レッドスキンズ6連敗”. NFL JAPAN (2011年11月21日). 2012年1月27日閲覧。
  56. ^ レッドスキンズ、逆転演出の新人RBヘルを先発固定へ”. NFL JAPAN (2011年11月29日). 2012年1月27日閲覧。
  57. ^ バイキングス、ピーターソンとポンダー負傷も3勝目”. NFL JAPAN (2011年12月25日). 2012年1月27日閲覧。
  58. ^ イーグルス最後は快勝、ビック3TDの活躍で締めくくり”. NFL JAPAN (2012年1月2日). 2012年1月27日閲覧。
  59. ^ レッドスキンズが全体2位獲得、予想はQBグリフィン指名”. NFL JAPAN (2012年3月10日). 2012年3月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年3月10日閲覧。
  60. ^ レッドスキンズ、シャナハンHC時代に4年で幕”. NFL JAPAN (2013年12月31日). 2014年1月1日閲覧。
  61. ^ The Washington Football Team is now the Washington Commanders - Official Site of the Washington Commanders・2022年2月2日
  62. ^ Commanders acquiring QB Carson Wentz from Colts in trade”. NFL. 2022年3月10日閲覧。
  63. ^ Court rejects appeal over Redskins trademark CNN 2009年11月16日
  64. ^ 「レッドスキンズ」は蔑称 米、商標登録取り消し- 共同通信 2014年6月19日
  65. ^ NFLのチーム“人種差別を想起”改名検討 NNN 2020年7月4日
  66. ^ ワシントンが現地2月2日に新チーム名とロゴを発表”. NFL Japan. 2022年1月5日閲覧。
  67. ^ Commandersのツイート(1488883322038243329) - 2022年2月2日
  68. ^ Tinsman, Brian (2012年8月24日). “Ten Newest Greatest Redskins Announced”. Redskins.com. NFL Enterprises, LLC. 2020年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月6日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  ワシントン・コマンダースのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ワシントン・コマンダースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワシントン・コマンダースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワシントン・コマンダース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS