セガNET麻雀 MJ Arcade セガNET麻雀 MJ Arcadeの概要

セガNET麻雀 MJ Arcade

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 08:07 UTC 版)

セガNET麻雀 MJ Arcade
ジャンル オンライン麻雀ゲーム
開発元 セガ・インタラクティブ第二研究開発本部
発売元 セガ・インタラクティブ
人数 1-4人
稼働時期 2017年4月25日
システム基板 RINGEDGE/RINGEDGE2(一部筐体のみ)
その他 ALL.Net対応
Aime/バナパスポート対応
Amusement IC対応
テンプレートを表示

概要

セガネットワーク対戦麻雀MJのアーケード版ではシリーズ6作目。

3月24日からセガ エンタテインメントの一部アミューズメント施設にてロケテストが行われた[2]

使用基板は前作『セガネットワーク対戦麻雀MJ5』シリーズで使用されていたRINGEDGE[3]を引き続き使用。MJ5Rからのコンバージョンの際にはMJ5稼働開始の2011年8月から本作MJ Arcade稼働開始の2017年4月当時まで数えて約5年と8ヶ月間使われ続けている基板が流用された。

MJ5シリーズからのデータ引継に関しては、最終バージョンとなる『MJ5 R EVOLUTION』のみ対応する[4]。また、セガゲームスからセガ・インタラクティブへ運営移管予定の『セガNET麻雀 MJ』にも連動する。

2018年10月25日よりAmusement IC対応となり、コナミアミューズメントのAmusement IC対応「e-AMUSEMENT PASS」にも対応可能となった(『麻雀格闘倶楽部』もAmusement IC対応の「Aime」「バナパスポート」にも対応)[5][6][7]

MJ5からの変更点

  • 参戦するプロ雀士が、従来からの日本プロ麻雀協会の雀士に加え、最高位戦日本プロ麻雀協会麻将連合-μ-RMUの雀士も参戦すると同時に[4]、SUPERプロリーグ戦がスタート。
  • プレイ料金がクレジット制から、GP(ゲームポイント)制へ変更。対局終了時に余ったGPはゲーム終了を選択した時点で特別な宝箱へ変換される。特別な宝箱の中身は未所持のSPキャラか、一定の数集めることによってMJ.NETでSPキャラと交換出来る「SPジュエル」となる。なおSPジュエルには有効期限が設定されており、入手した月から3ヶ月目の月末に失効する。Ver.1.10より「モード再選択」機能を再実装。これ選択することでモード選択画面に移行し、余ったGPを保持した状態でモードセレクターに移行する。但しコンティニュー料金は引き継げず、所持GPが初回プレイGPに満たない場合はGP購入画面に移行する。またフリー対決に参加しており、規定試合数未消化の場合はその時点の結果に関係なく敗北扱いとなる。
  • 筐体のイメージカラーを、青から緑へ変更。
  • 勲章表示の廃止。
  • 雀荘モードの廃止。
  • ライブモニターのメニュー表示の廃止。
  • SUPERプロリーグ、ガチャモードの実装。
  • 『MJ5R』以前の店舗内イベント『経験値2倍タイム』を上級段位対象の『二倍争奪戦』を統合する形で『経験値2倍変動戦』として常設。Ver.1.9からは『経験値3倍変動戦』が追加され、それぞれタブにて切り替え可能。参加には追加GPが必要で、経験値2倍変動戦で50GP、経験値3倍変動戦で100GPを支払うことでそれぞれ参加可能。但し評価ポイントは2倍/3倍変動せず、元の変動値で通常通り変動する。また最強位バトルの成績(幻球争奪戦の収支)には影響せず、元の変動値が成績となる。なお、経験値2倍変動戦・経験値3倍変動戦が成立しなかった場合、それぞれ支払った分のGPが返却される。

対局の流れ

対局を行う場合の大まかな流れは次のようになる。

  1. 画面に触れるかスタートボタンを押す。
  2. カード使用の有無を選択する。
    サテライト筐体にAimeバナパスポートカード(Amusement IC非対応でも可)・Amusement IC対応e-AMUSEMENT PASS・Amusement IC対応NESiCAおサイフケータイ対応の携帯電話のいずれか(以下Aime)をAimeリーダーにかざす。
    未使用カードの場合カード登録を行う。最初から始める場合はここでゲーム内で使用するアバターとニックネームを決める。アバターは後の対局中に任意で変更可能である。その後『新規登録1ゲーム無料』のサービスが行われている筐体では無料でタイムオーバーなしの東風戦か三人打ちの一般卓をプレイできるほか、サービスの利用の有無に関係なく『新規限定ログインボーナス』として初回プレイから一か月間、最大5回までコンティニューに必要なGPが不要となる「CONTINUE券」を入手できる(一日一回のみで、有効期限は当日限り)。
  3. GPを購入する。
    初期設定では1クレジット300GPだが、店舗側の設定で350GPまたは400GPに変更可能。さらにクレジットを追加で投入すればするほどGPにボーナスが加わり、より多く購入できる(コンティニュー時にも適用、5クレジットごとにクレジットのカウントはリセットされる)。
  4. イベント結果確認および報酬受け取り(参加していた場合のみ)
    大会の最終スコアや予選通過の可否の確認および報酬の受け取り、フリー対決などで前回のプレー終了後に経験値・幻球・幻球水のいずれかを獲得または喪失していた場合の変動がここでまとめて行われる。
  5. 対局モードを選択する。
    公式モード(段位変動あり)
    一般卓(段位制限なし。東風戦・三人打ちのみ可)
    上級卓(初段以上、東風戦・三人打ち・半荘戦 いずれも可)※Ver.1.60へのアップデートをもって廃止。
    プロ卓(十段以上、東風戦・三人打ち・半荘戦 いずれも可)
    イベント(開催中のみ)
    チーム内戦
    店内対戦(同じモードを選択したプレイヤー同士で対局する)
    咲-Saki-シングルモード
    ガチャモード
  6. タイムオーバー(持ち時間終了)制の有無を選択する
    タイムオーバーあり
    点数の授受により持ち時間も増減する。ただし持ち時間が0の場合、上がりでは回復するがそれ以外の場合は次の局へ進む際に追加GPが必要となる。持ち時間は店舗の設定にもよるが、最大90秒。
    持ち時間およびGPが無くなった状態で1局が終わり、クレジットを追加しないと最下位扱いでゲーム終了(いわゆる途中抜け)。途中抜けした場合はCPUが対局終了まで代走する。
    タイムオーバーなし
    通常、選択するには追加でGPが必要。ただし、『新規登録1ゲーム無料』のサービスを利用している場合は無料で選択できる(この時タイムオーバーありは選択できない)。
    1局開始ごとに持ち時間が初期値に戻る。
    いずれも捨牌早切りで持ち時間が若干回復する(fast:+0.1秒、very fast:+0.3秒)。また残り10秒以下の時、GPの消費により持ち時間を追加することが可能である。
    タイムオーバー制の有無にかかわらず自分の手番(捨牌、鳴き、アガリ)ではタイムゲージが有効になり、ゲージと持ち時間が減っていく(ただし最初の数秒間の部分と後述のソロプレイ時はゲージが緑色で表示されており、この部分では持ち時間が減らない)。ゲージ若しくは持ち時間が無くなった時点で選択牌が自動的に切られる(鳴き、アガリはキャンセルとなる)。ゲージは自分の手番ごとに初期値へ戻る。但し、持ち時間がゲージの長さに足りない場合は持ち時間分しかゲージの赤の部分が無い状態になる(全体のゲージも持ち時間に応じて短くなる。持ち時間0になった場合は緑の部分だけになり、ほとんど思考時間を使えない)。
  7. 自動的に対局相手とマッチングされ、麻雀の対局を行う
    オンライン対戦で相手がいない場合、現れるまで持ち時間が減らないCPU戦(ソロプレイ)を行う。
    相手がいたが一定時間経過しても対局者が4人(三人打ちルールの場合は3人)に満たない場合、CPUがメンバーに加わり通常対局になる。
    通常のオンライン対戦では同店舗内の相手とマッチングされず、必ず他店舗の相手とマッチングされる。但し「チーム内戦」を選択した場合、必ずMJ.NET内で組んだチームメンバー同士でマッチングされる。そのためマッチングの状況によっては同店舗内のチームメンバーとマッチングされる場合もあり、同店舗内のチームメンバーと多店舗のチームメンバーによる対戦となるケースもあれば、チームメンバー全員が同店舗内で対戦となるケースもある。
    オフライン対戦の場合、シングルモードでは東風戦でCPU3人、三人打ちでCPU2人を相手に通常対局を行う(この場合は当然ながら持ち時間が減っていく)。また「店内対戦」ではこれを選択した同店舗内の相手と必ずマッチングされる。
  8. 対局終了後、順位によって継続して対局ができる(参加モードの受付時間終了の場合は強制的に一般卓に変更され、一般卓受付時間終了後は強制排出となる[8])。またこのとき消費するGPはモード・順位により異なり、1位が無料、2位が3位・4位の半額、3・4位が通常料金である。また、Aime利用時にはコンティニュー延長も可能となっており、最大10分まで休憩や両替などの用途で利用できる。この時対局の再開には前の対局で使用していたAimeが必要となる。

  1. ^ セガNET 麻雀『MJ シリーズ』と「パチスロ獣王 王者の覚醒」がコラボ! 全国大会『パチスロ獣王CUP』開催 4月25日にMJ アーケード版が『セガNET 麻雀MJ Arcade』に進化 参戦プロ8名による対局動画を本日より公開!セガ・インタラクティブ 2017年4月21日
  2. ^ 『MJ Arcade』ロケテストのお知らせ セガネットワーク対戦麻雀MJ5 R EVOLUTION公式サイト 2017年3月
  3. ^ ただし、『CODE OF JOKER THE AGENTS』の稼働終了に伴い改造された筐体については、同作のRINGEDGE2を流用。
  4. ^ a b MJシリーズ最新作『MJ Arcade』発表! セガネットワーク対戦麻雀MJ5 R EVOLUTION公式サイト 2017年2月10日
  5. ^ セガ・インタラクティブ,コナミアミューズメント,バンダイナムコアミューズメント 3社共通「アミューズメントICカード」対応開始 10月25日より「アミューズメントICカード」対応Aimeカード発売セガ・インタラクティブ 2018年10月25日
  6. ^ カード1枚でバンダイナムコ、コナミ、セガのアーケードゲーム対応サービスが相互利用可能に! 3社共通「アミューズメントICカード」の対応をスタートします 10月25日より「アミューズメントICカード対応バナパスポートカード」を発売バンダイナムコアミューズメント 2018年10月25日
  7. ^ アミューズメントICカード対応「e-amusement passカード」の相互利用開始-KONAMI、セガ、バンダイナムコ3社のゲームが、もっと身近に、もっと楽しく-コナミアミューズメント 2018年10月25日
  8. ^ 滅多に起こり得ないケースであるが、一般卓受付時間終了の直前にモード再選択を行い、モードセレクタに戻る前に受付終了となった場合はシングルモードとガチャモードのみプレイ可能。
  9. ^ 『MJAC Ver.1.1』 稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2019年4月15日閲覧。
  10. ^ 『MJAC Ver.1.2』11/16より稼働開始!”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2019年4月15日閲覧。
  11. ^ 『MJAC Ver.1.3』 3/1より稼働開始!”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2019年4月15日閲覧。
  12. ^ 『MJAC Ver.1.4』 稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2019年4月15日閲覧。
  13. ^ 『MJAC Ver.1.5』 稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2019年4月9日閲覧。
  14. ^ 『MJAC Ver.1.6』 稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2019年4月9日閲覧。
  15. ^ 『MJAC Ver.1.7』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2019年7月21日閲覧。
  16. ^ 『MJAC Ver.1.8』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2020年5月22日閲覧。
  17. ^ 『MJAC Ver.1.81』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2020年8月5日閲覧。
  18. ^ 『MJAC Ver.1.9』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2020年11月1日閲覧。
  19. ^ 『MJAC Ver.2.0』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2022年3月2日閲覧。
  20. ^ 『MJAC Ver.2.2』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2022年3月2日閲覧。
  21. ^ 『MJAC Ver.2.21』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2022年3月2日閲覧。
  22. ^ 『MJAC Ver.2.22』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2022年3月2日閲覧。
  23. ^ 『MJAC Ver.2.3』稼働開始のお知らせ”. セガネットワーク対戦麻雀【MJ ARCADE】公式サイト. セガ・インタラクティブ. 2022年3月2日閲覧。


「セガNET麻雀 MJ Arcade」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「セガNET麻雀 MJ Arcade」の関連用語

セガNET麻雀 MJ Arcadeのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



セガNET麻雀 MJ Arcadeのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのセガNET麻雀 MJ Arcade (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS