グジャラート語 グジャラート語の概要

グジャラート語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 07:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
グジャラート語
ગુજરાતી Gujarātī
話される国 インド
ウガンダ
 パキスタン
 ケニア
 南アフリカ共和国
タンザニア
アメリカ合衆国
イギリス
オーストラリア
 ニュージーランド
フィジー
カナダ
話者数 4,600万人
話者数の順位 22
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
表記体系 グジャラーティー文字
公的地位
公用語 インド
グジャラート州
ダマン・ディーウ
ダードラー及びナガル・ハヴェーリー
少数言語としての承認 インド(連邦政府)
言語コード
ISO 639-1 gu
ISO 639-2 guj
ISO 639-3 guj
テンプレートを表示

名詞は、男性名詞・女性名詞・中性名詞の3つのを持つ。

分布

世界で4600万人が話し、世界で23番目に話者の多い言語である。そのうち、約4550万人がインドに、約15万人がウガンダに、約5万人がケニアに、おおよそ10万人がパキスタンに住んでいる。

グジャラート州の公用語である。またインド連邦レベルでも憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。

グジャラート語はグジャラート州に隣接する連邦直轄地域ダマン・ディーウダードラー及びナガル・ハヴェーリーでも主要な言語である。

英国北米にもグジャラート語の話者が多数いる。英国ではレスター(ミッドランド)とロンドン北部のウェンブリーがグジャラート語のポピュラーな地域である。アメリカでは、ニュージャージー州ニューヨーク州カリフォルニア州テキサス州でグジャラート語がポピュラーである。世界に広くグジャラート語の話者が広がっているために、公式用語である非在住インド人(Non Resident Indian: NRI)と呼ばれるよりは、非在住グジャラート人(Non Resident Gujarati: NRG)と冗談で呼ばれることもある。

グジャラート語は「インドの父」マハートマー・ガーンディーと「パーキスターンの父」ムハンマド・アリー・ジンナー母語である。

歴史

グジャラート語の前身はアパブランシャにさかのぼることが出来る。アパブランシャは、アンヒルワーラー (パータン) のソーランキー王朝英語版の王シッダラージ・ジャヤシンの治世のジャイナ教の僧であり、高名な学者であったヘーマチャンドラによって文法が記述された。アパブランシャはプラークリットの最後の段階にある文学語であるが、後期になるとグジャラート語の要素を含むようになった。

もっとも古い文学作品は口頭伝承で伝えられているもので、17世紀の2人の熱烈な支持者、クリシュナの崇拝者と偉大な平等主義者のナラシンハ・メヘター (Narasinh Mehta) に起源が遡れる(後にガーンディーの発想の基となった)。ナラシンハ・メヘター自身の話はプレーマーナンダ (Premananda) の長い語りに編集されており、偉大な詩人を意味する"maha-kavi"(“マハー・カヴィ”)と現代の言語史研究者たちに認められている。彼が生きていたのは、おそらく17世紀末である。その他には、多数の詩人がバクティと現在では呼ばれているヒンドゥー教の信仰活動のなかで活躍した。

プレーマーナンダは"vyakhyan-kar"(“ヴィヤキヤン-カール”)と呼ばれる吟遊詩人で、題材を詳しく何行もの歌にのせて語った。語りが流暢であったので、何百行にもわたる歌も人々の記憶に残り、朝のお勤めまで歌われた。この意味では、インドにはもっと古いヴェーダの伝統がかなり後まで残っていたのは確かである。

グジャラート地方と言語への近代的な調査は英国の行政官アレクサンダー・フォーブスによる。19世紀にこの土地の過去千年の歴史を調べ、多数の手写本をまとめた。グジャラート語を扱っている学術団体で、彼にちなんだ名前のついているファーバス・グジャラーティー・サバー (Farbas Gujarati Sabha) はムンバイーに本部がある。

音声

グジャラート語は [ə a i u e ɛ o ɔ] の8種類の母音を持つ。母音の長短は区別せず、歴史的な i ī および u ū はそれぞれ合流してひとつの母音になっている[1]

[e o] 以外の 6母音については鼻母音も発達している[2]

グジャラート語の母音の特徴に息もれ声(つぶやき声)の母音がある。この母音は、歴史的には子音 [ɦ] または開放時につぶやき声を持つ子音(有声帯気音)と隣接する母音が融合したものである。つぶやき声を上付きの h で表すと、以下のような対立をなす[3]

意味 グジャラート語 ヒンディー語
bāʰr bahār
十二 bār bārah[4]
おもし bhār bhār

グジャラート語の子音には以下のものがある。ヒンディー語にない特徴的な子音に、そり舌側面音 /ɭ/ がある。括弧内は外来語に出現する。また、ḍ ḍh は母音間ではヒンディー語と同様に [ɻ ɻʱ] と発音される[5]

ph は実際には摩擦音化して [f] になる。また、母音間では他の無声帯気音も摩擦音化し、有声帯気音は弱化する。

v は語頭で [v]、母音間で [v] または [w]、それ以外では [w] として現れる[6]

両唇音
唇歯音
歯音
歯茎音
そり舌音 後部歯茎音
硬口蓋音
軟口蓋音 声門音
破裂音
破擦音
無声無気音 p t /t̪/ /ʈ/ c /tʃ/ k
無声帯気音 ph /pʰ/ th /t̪ʰ/ ṭh /ʈʰ/ ch /tʃʰ/ kh /kʰ/
有声無気音 b d /d̪/ /ɖ/ j /dʒ/ g
有声帯気音 bh /bʱ/ dh /d̪ʱ/ ḍh /ɖʱ/ jh /dʒʱ/ gh /ɡʱ/
鼻音 m n /ɳ/
摩擦音 無声音 s š
有声音 (z) h /ɦ/
はじき音 r[7]
半母音 v y /j/
側面音 l /ɭ/

  1. ^ Masica (1993) p.110
  2. ^ Cardona; Suthar (2007) p.662
  3. ^ Masica (1993) p.120
  4. ^ Masica では bārā になっていたが修正。ヒンディー語の実際の発音は [bɑːrɛ]
  5. ^ Cardona; Suthar (2007) p.665
  6. ^ Cardona; Suthar (2007) p.666
  7. ^ Cardona; Suthar (2007) p.663 ではそり舌はじき音とするが、それでは ḍ の異音 [ɻ] と区別がつかない


「グジャラート語」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「グジャラート語」の関連用語

グジャラート語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



グジャラート語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグジャラート語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS