オートノミー 政治

オートノミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 23:39 UTC 版)

政治

オートノミーは、自治体などの、自治自治権、(海外)自治領、「自治行政区画(Autonomous administrative division)」などの訳であり、自治・自治体・自治権を指す。

社会学

知識社会学一般におけるオートノミーのコンセプトは、オートノミーにおける境界などについての議論があり、その相対的な意味以上の合意が得られている段階ではないとされている[1]

制度的オートノミー(自治制)

制度的オートノミー(Institutional autonomy)は、議員としての権能を持つものが公式な目標を付与することができる体制を指す(自治区など)。制度的自治体はそのリソースや計画、プログラム、サービスなどを提供するにあたっての責任を負う[2]。同時にその社会的な立場による責任なども負う。その自治体にとっては自己管理体制などのガバナンス体制が必要となる。またリーダーシップや意思決定における責任の分配などは、その資源の入手に有効なものとなる[3]

制度的オートノミーは、しばしば(自決権・「民族自決(self-determination)」)と同義語になり、多くの政府は、民族統一主義などによる混乱を恐れる。しかしながら、オートノミーは民族自決などの問題の解決策としてみなされるべきである。民族自決は独立への運動であり、一方オートノミーは固有の地域・グループを尊重しようとするものだからである。制度的オートノミーは、社会の中において、マイノリティや少数民族との衝突や対立を解消することが出来るものである。よりオートノミーを推進することによって、中央政府との外交的関係を築く助けとなるものである[4]

哲学における「オートノミー」

オートノミーは、哲学のさまざまな分野に大きな影響を与える重要な概念となっている。形而上学的哲学では、オートノミーの概念は、自由意志宿命論決定論、そして行為主体性英語版(行為者の想定)についての議論で扱われている。

倫理学においては、オートノミーは自分自身を客観的な道徳法に従わせることを指す[5]

カントによる「オートノミー」

イマヌエル・カント (1724-1804)は現代倫理に関する3つのテーマによってオートノミー( ドイツ語: Autonomie )を定義したものと現代倫理学の哲学者達によって解釈されている[注釈 1]。第一に、他者からの干渉を排除して自らの決定を下す権利としてのオートノミー(自主性・自主権・自己決定権)。第二に、自らの心の独立性を通してそして個人的な熟考の後にそのような決断をする能力としてのオートノミー(自律性)。第三に、オートノミー(自立的)に生活するための理想的な方法として。要約すると、オートノミーは、自分が所有する内なる道徳的な権利(Moral rights=内心の道徳的な権利=人格権)、または日常生活の中で展開する出来事に対してある程度のコントロールまたはパワーを提供する自分自身のために考え、決定を下すために私たちが持つ能力とされる[6]。カントによると、道徳は、その道徳的欲求が定言命法で表現され、オートノミーを前提としたものであると主張した。

道徳の形而上学の基礎づけ」、でカントはまた人格と人間の尊厳の概念を定義するためにオートノミーの概念を適用した。オートノミーは、合理性と一緒に、意味のある生活のための2つの基準としてカントによって解釈された[7]。それはオートノミーがあるがゆえに、人間の行動は道徳的に賞賛に値するか、または非難に値するものとなる。植物や動物などの非オートノミーな存在は、その行動が非オートノミー的であるために非難に値するものではなくなる[7] [8]

ニーチェによる「オートノミー」

フリードリヒ・ニーチェは、オートノミーと道徳的な戦いについて書いている[9]。この意味でのオートノミーは自由な自己と呼ばれ、自己尊重や自己愛さえも含む自己のいくつかの側面を伴う。これはカント自尊心 )とアリストテレス ( 自愛 )の影響を受けていると解釈することができる。ニーチェにとって、倫理的オートノミーを尊重することは、愛(自己愛)と法(自尊心)との間の対立を解消することといえる。ニーチェは自分の人生に責任を持つことで自由の感覚を持つことを定義しているので、自由と自己責任はオートノミーと強い関連性を持つ[10]

ピアジェによる「オートノミー」

スイスの哲学者ジャン・ピアジェ (1896-1980)は、オートノミーは内から来て、「自由な決断」から生じるとした。それは本質的な価値があり、オートノミーの道徳は受け入れられるだけでなく義務的である。社会的交流の試みが行われるとき、他者との共同作業が行われた理由に関係なく、オートノミーがあることは相反的、理想的かつ自然である。ピアジェにとって、オートノミーという用語は、ルールが自己選択的であるという考えを説明するために使用する。従うべきルールを守るか守らないかを選ぶことで、私たちは自分たちの行動を決定するのである[11]

ピアジェは、子供たちのゲーム中およびインタビューを通して子供たちの認知発達を分析し、子供たちの道徳的成熟プロセスは2つのフェーズで行われると分類した。

  • 異論推論:

ルールは客観的で不変。当局がそれを命じており、例外や議論に合わないので、それらは文字通りでなければなならない。規則の根拠は優れた権威(両親、大人、州(県)、国)であり、いかなる場合においても規則がそれらに課したまたはそれを満たした理由を与えるべきではない。提供された義務は、自分から与えられたものと考えられる。道徳的動機や感情は、人が正しいと信じるものを通して可能。

  • 自律推論:

規則は合意の産物であり、したがって変更可能である。それらは解釈の対象となることがあり、例外や異議の対象となることがある。

コールバーグによる「オートノミー」

アメリカの心理学者ローレンス・コールバーグ (1927-1987)はピアジェの研究を続け、文化の多様性を排除するために様々な緯度から情報を収集し、道徳的な推論に焦点を当てており、行動やその結果にはそれほど重点はおいていない。「道徳的ジレンマ」を経た青年期および10代の少年たちへのインタビューを通じて、コールバーグはさらに道徳的発達の段階を発展させた。彼らが提供した答えは2つのうちの1つであることが多いことがあきらかになった。彼らは与えられた法律、権威者、あるいはある種の規則に従うことを選ぶか、あるいは人間の必要に役立つような行動をとることを選びつつ、これらの規則や命令を破っていた。

最も人気のある道徳的ジレンマは、特別な種類の癌のために死に近づいている男性の妻を巻き込んだものである。その薬は自分で入手するには高すぎるため、そしてその薬を発見して販売した薬剤師は思いやりがなく、ただ利益が欲しいだけだとして、それを盗みんだ。コールバーグは、これらの思春期および10代の少年(10歳、13歳、16歳)に、夫がそうすべきかどうかを尋ねる。すると、彼らの決定に応じて、彼らはより深い論理的根拠と考えについてコールバーグに答えを提供し、それらが重要であると考えるものを決定しました。そしてこの値が彼らの道徳的推論の「構造」を決定した。[12]

コールバーグは道徳の3段階を提示し、それぞれの段階は2つのレベルに分けられる。それぞれ漸進的なもので、つまり、より高いレベルはより大きなオートノミーを示す。

  • レベル1:倫理的/前慣習的な道徳性:快楽主義的または肉体的な結果に応じて。
    • [ステージ0:自己中心的判断:ルールや義務の概念の欠如など、個々の願いから独立した道徳的概念はない。]
    • ステージ1:罰 - 服従の方向性:この規則は罰を避けるためにのみ守られています。肉体的な結果が善または悪を決定し、力は、人間的または道徳的価値、またはこれらの結果の意味を尊重することなく、疑いもなく延期されます。心配は自己のため。
    • ステージ2:道具 - 相対主義者のオリエンテーション:道徳は個人主義的で自己中心的です。利益の交換があるが、常に個人のニーズを満たすという観点から。公平性と相反性の要素が存在するが、これらは感謝や正義の経験ではなく、実用的な方法で解釈される。本質的には自己中心的だが、他人の視点から物事を見る能力を取り入れ始めている。
  • レベル2:慣習的な道徳性/役割の適合性:規則は社会の定められた慣習に従って守られる。
    • ステージ3:いい子:オリエンテーション:モラルはステレオタイプの社会的役割に従って考えられる。直接のグループの承認を得るための規則に従い、正しい行動は他人を喜ばせるか、または自分が良い人であるという印象を与えることに基づいて判断される。行動は意図に従って評価される。
    • ステージ4:法と秩序の志向:道徳は制度の権威、あるいは社会秩序の必要性に従って判断される。法律と秩序が優先される。
  • レベル3:慣習後の道徳性/自己容認された道徳的原則:道徳的行動の基準は内部化されている。道徳は、慣習的に確立された社会の中の個人の価値の認識に関する意識的な反射から導き出される合理的な判断によって支配される。
    • ステージ5:社会契約の方向性:基本的な普遍的な価値として合法的に確立されている個人の権利と基準がある。規則は手続きを通して合意され、社会はより大きな恩恵を受けるために批判的検討を通して合意に達する。
    • ステージ6:普遍的な原則志向:抽象的な倫理的原則は、社会的な規則や慣習に加えて、個人的なレベルでも守られる。正義、相互主義、平等、そして人間の尊厳という普遍的な原則は内在化しており、もしこれらの理想に従わなければ、罪悪感や自責の念がもたらされる。

  1. ^ a b Oliver Sensen著 "Kant on Moral Autonomy" という本(2012年)の15ページ、「"Kant argued that autonomy of the will is necessary presupposition of all morality. His idea of autonomy is abstract,fundational, normative, and a key to his defense of the rationality of moral commitment. In contemporary ethics philosophers often appeal to ideas of autonomy more specifically, for example, as a moral right to make one's own decisions or as a psychological ideal of independent thinking and rational self-control."」抜粋要約すると「カントのオートノミーについての考えは抽象的で・・・。ただ、近代倫理においては、哲学者たちはしばしばより具体的に・・・道徳的権利として、自分で自分の決断を下す権利、または独立した思考の精神的理念、そして合理的自己制御として・・・」
  1. ^ BOURDIEU, 2001 (MARANHÃO, 2005; 2006 Archived October 8, 2010, at the Wayback Machine.; 2007; SOBRAL & MARANHÃO, 2008[リンク切れ]
  2. ^ Evans, P. B., Rueschemeyer, D., & Skocpol, T. (1985). Bringing the state back in.
  3. ^ Neave, G. (2012). The evaluative state, institutional autonomy and re-engineering higher education in Western Europe: The prince and his pleasure.
  4. ^ Weller, M., & Wolff, S. (2014). Autonomy, self-governance, and conflict resolution: Innovative approaches to institutional design in divided societies.
  5. ^ Autonomy in Moral and Political Philosophy (Stanford Encyclopedia of Philosophy). Plato.stanford.edu. Retrieved on 2013-07-12.
  6. ^ Sensen, Oliver (2013). Kant on Moral Autonomy. Cambridge University Press. ISBN 9781107004863. https://books.google.ca/books?id=HlJ8BbjLXSAC&printsec=frontcover&dq=philosophy+and+autonomy+and+kant#v=snippet&q=autonomy 
  7. ^ a b Shafer-Landau, Russ. "The fundamentals of ethics." (2010). p. 161
  8. ^ Shafer-Landau, Russ. "The fundamentals of ethics." (2010). p. 163
  9. ^ Reginster, Bernard (2011-07-31). Review of Nietzsche on Freedom and Autonomy. https://ndpr.nd.edu/news/24779-nietzsche-on-freedom-and-autonomy/ 2014年4月2日閲覧。. 
  10. ^ Gemes, Ken; May, Simon (2009-05-07). Nietzsche on Freedom and Autonomy. OUP Oxford. ISBN 9780191607882. https://books.google.ca/books?id=D2a9e-FarAYC&printsec=frontcover&dq=philosophy+and+autonomy#v=onepage&q=autonomy 
  11. ^ Sugarman, Susan (1990-01-26). Piaget's Construction of the Child's Reality. Cambridge University Press. ISBN 9780521379670. https://books.google.ca/books?id=3zEfxTytFnIC&pg=PA84&dq=autonomy+and+piaget#v=onepage&q=autonomy 
  12. ^ Shaffer, David (2008-09-19). Social and Personality Development. Cengage Learning. ISBN 9781111807269. https://books.google.ca/books?id=cShtCgAAQBAJ&pg=PA491&dq=social+and+personality+development#v=onepage&q=social%20and%20personality%20development 
  13. ^ a b c d Berk, Laura (2013). Child Development (9 ed.). Pearson 
  14. ^ a b c d Shaffer, David. Social and Personality Development (6 ed.) 
  15. ^ The Autonomy Theme in the Church Dogmatics: Karl Barth and his Critics. Cambridge University Press; First Edition. (April 27, 1990) 
  16. ^ Renaud (2008年). “Spheres of Sovereignty: Church Autonomy Doctrine and the Theological Heritage of the Separation of Church and State”. heinonline.org. 2018年3月17日閲覧。
  17. ^ Hammond, Phillip (1992). Religion and personal autonomy: the third disestablishment in America. 
  18. ^ a b Hammond, Phillip (1992). Religion and personal autonomy: the third disestablishment in America 
  19. ^ Varelius, Jukka (December 2006). “The value of autonomy in medical ethics”. Medicine, Health Care and Philosophy 9 (3): 377–388. doi:10.1007/s11019-006-9000-z. ISSN 1386-7423. PMC: 2780686. PMID 17033883. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2780686/. 
  20. ^ L., Beauchamp, Tom (2013). Principles of biomedical ethics. Childress, James F. (7th ed.). New York: Oxford University Press. ISBN 9780199924585. OCLC 808107441 
  21. ^ Fischer, Bernard A (January 2006). “A Summary of Important Documents in the Field of Research Ethics”. Schizophrenia Bulletin 32 (1): 69–80. doi:10.1093/schbul/sbj005. ISSN 0586-7614. PMC: 2632196. PMID 16192409. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2632196/. 
  22. ^ Leo, Raphael J. (October 1999). “Competency and the Capacity to Make Treatment Decisions: A Primer for Primary Care Physicians”. Primary Care Companion to the Journal of Clinical Psychiatry 1 (5): 131–141. doi:10.4088/PCC.v01n0501. ISSN 1523-5998. PMC: 181079. PMID 15014674. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC181079/. 
  23. ^ Riis, A.H. Autonomy, culture and healthcare 
  24. ^ Sandman, Lars (2012). “Adherence, Shared Decision-Making and Patient Autonomy”. Medicine, Health Care and Philosophy: 115–27. 
  25. ^ a b Archived copy”. 2015年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月24日閲覧。
  26. ^ The Inner Citadel”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月24日閲覧。
  27. ^ Caplan, Arthur L (2014). “Why autonomy needs help”. Journal of Medical Ethics 40 (5): 301–302. doi:10.1136/medethics-2012-100492. ISSN 0306-6800. JSTOR 43282987. PMID 22337604. 
  28. ^ Entwistle, Vikki A.; Carter, Stacy M.; Cribb, Alan; McCaffery, Kirsten (July 2010). “Supporting Patient Autonomy: The Importance of Clinician-patient Relationships”. Journal of General Internal Medicine 25 (7): 741–745. doi:10.1007/s11606-010-1292-2. ISSN 0884-8734. PMC: 2881979. PMID 20213206. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2881979/. 
  29. ^ Informed Consent : Legal Theory and Clinical Practice: Legal Theory and ... - Schools of Law and Medicine Jessica W. Berg Assistant Professor of Law and Bioethics Case Western Reserve University, Paul S. Appelbaum A. F. Zeleznik Distinguished Professor and Chair University of Massachusetts, Medical School and Director of the Center for Mental Health Services Research Charles W. Lidz Research Professor of Psychiatry University of Massachusetts, Center for Bioethics and Health Law University of Pittsburgh Lisa S. Parker Associate Professor and Director of Graduate Education - Google Books. Books.google.ca. Retrieved on 2013-07-12.
  30. ^ Mappes Thomas, A., and David DeGrazia. "Biomedical Ethics." (2006). Pp54-55
  31. ^ Mappes Thomas, A., and David DeGrazia. "Biomedical Ethics." (2006). pp62
  32. ^ Pilnick, Alison; Dingwall, Robert (April 2011). “On the Remarkable Persistence of Asymmetry in Doctor/Patient Interaction: A Critical Review”. Social Science & Medicine 72 (8): 1374–82. doi:10.1016/j.socscimed.2011.02.033. PMID 21454003. 
  33. ^ O'neill, Onora. Autonomy and Trust in bioethics. Cambridge University Press, 2002. Pp3
  34. ^ 「自己決定(英)self-determination, autonomy」”. www.arsvi.com. 2019年5月21日閲覧。
  35. ^ 林, かおり (2006-2). “ヨーロッパにおける患者の権利法 (翻訳・解説 ヨーロッパにおける患者の権利法)”. 外国の立法 (227): 1–26. https://ci.nii.ac.jp/naid/40007240285. 
  36. ^ http://medical.nihon-data.jp/archives/1116
  37. ^ シンポジウム 第54回人権擁護大会 2011年10月6日 2018年7月8日閲覧
  38. ^ a b 医の倫理の基礎知識|医師のみなさまへ|医師のみなさまへ|公益社団法人日本医師会”. www.med.or.jp. 2019年5月19日閲覧。
  39. ^ 第2部 倫理とコミュニケーション 3.専門職としての意識と責任 医療倫理”. 厚生労働省. 2019年5月20日閲覧。
  40. ^ Sensen, Oliver (2013). Kant on Moral Autonomy. Cambridge University Press. ISBN 9781107004863. https://books.google.ca/books?id=HlJ8BbjLXSAC&printsec=frontcover&dq=philosophy+and+autonomy+and+kant#v=snippet&q=autonomy 
  41. ^ シンポジウム 第54回人権擁護大会 2011年10月6日 2018年7月8日閲覧
  42. ^ 病人自主權利法”. www.rootlaw.com.tw. 2019年5月19日閲覧。
  43. ^ 患者の権利に関するWMAリスボン宣言|世界医師会|国際活動|医師のみなさまへ|日本医師会”. www.med.or.jp. 2019年5月29日閲覧。
  44. ^ プロフェッショナル・オートノミーと臨床上の独立性に関するWMAソウル宣言|世界医師会|国際活動|医師のみなさまへ|日本医師会”. www.med.or.jp. 2019年5月29日閲覧。
  45. ^ Vol.669 マドリッド宣言の誤った認識が、日本医師会の本来の「あり方」を歪めている | MRIC by 医療ガバナンス学会” (日本語). medg.jp. 2019年5月29日閲覧。
  46. ^ Bieling, Peter J. (2000). “The Sociotropy–Autonomy Scale: Structure and Implications”. Cognitive Therapy and Research 24 (6): 763–780. doi:10.1023/A:1005599714224. 






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オートノミー」の関連用語

オートノミーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オートノミーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオートノミー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS