オオハキリバチ オオハキリバチの概要

オオハキリバチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/03 13:53 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
オオハキリバチ
オオハキリバチ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハチ目(膜翅目) Hymenoptera
亜目 : ハチ亜目(細腰亜目) Apocrita
上科 : ミツバチ上科 Apoidea
: ハキリバチ科 Megachiidae
: ハキリバチ属 Megachile
: オオハキリバチ Megachile sculpturalis
学名
Megachile (Callomegachile) sculpturalis Smith1853
和名
オオハキリバチ

特徴

大型のハナバチで、体長は雌で20-25mm、雄では13-20mm。全身が黒く、胸部と腹部第1節の背板に黄褐色か赤褐色の毛を密生する[1]。翅の基部は黄褐色で、先端に向かって次第に黒くなり、紫紺の光沢を持つ[2]。翅脈は黒い。頭部には黒くて短い毛が多い。腹部の2節以降にも黒い短毛があり、特に側面と尾端に多い。歩脚には黄褐色の短毛が多く、後脚内側の毛は黒い。雄では頭部に黄褐色の短毛があり、また腹部末端は丸い。

習性

雄成虫は6-8月、雌成虫は8-10月に出現する。ハキリバチ類は植物のを切り取り、それを使って巣を作ることからこの名があるが、本種は葉ではなく松脂を使う。

ハギ類、クズアオギリカラスザンショウトウネズミモチなどが訪花植物としてあげられる[3]。主たる花資源植物はクズで、この花から花粉を集め、花粉団子として幼虫の餌とする。幼虫のための巣は、竹筒など、既存の筒状の構造を利用して作る。管の奥から集めてきた松脂で壁を作り、そこに花粉団子を詰め込み、一定量に達するとその上に産卵し、松脂で壁を作って封じる。そうやって出来た新たな松脂の壁の上に、新しい花粉団子を詰め、産卵しては松脂で封をするので、管は一定間隔で仕切られた部屋が数珠繋ぎになった状態になり、奥のものほど古い部屋である。最後に管の入り口に封をするが、この封だけは土が使われる[4]

分布

日本では北海道から奄美大島にかけて広く知られる。沖縄八重山からの報告もあるが、後述の種との関係もあり、再検討が必要とのこと。国外では中国朝鮮台湾に分布する。ただしアメリカ東部やヨーロッパ南部に移入種として侵入、分布を拡大しつつある[5]

類似種

よく似たものにズグロハキリバチ M. monticola がある。外形や色彩等はよく似ているが、本種よりやや大きく(雌で体長22-27mm)、腹部の点刻がより細かいことなどで区別出来る。また、分布は奄美以南の琉球列島で、日本本土では混同のしようはない[6]

ちなみにズグロハキリバチはハキリバチ類では日本最大の種であり、本種はほぼその大きさに迫る。安松他(1965)では本種をもって『本邦産最大のハキリバチ』としている[7]が、この種を含めているのかも知れない。

なお、分類的には近くないが、キムネクマバチとは大型で黒い胴体と黒い翅、それに黄色の毛を密生する胸部という点で共通である。ただし本種の方が体形が細長い。


  1. ^ 多田内、村尾(2014),p.306
  2. ^ 以下、主として石井他編(1950),p.1488
  3. ^ 多田内、村尾(2014),p.306
  4. ^ 前田他(2001),p.71,77
  5. ^ 多田内、村尾(2014),p.305
  6. ^ 多田内、村尾(2014),p.305
  7. ^ 安松他(1965),p.308
  8. ^ 梅谷編(1994),p.98
  9. ^ 梅谷編(1994),p.58
  10. ^ 吉江、松井(1978)


「オオハキリバチ」の続きの解説一覧



オオハキリバチと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オオハキリバチ」の関連用語

オオハキリバチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オオハキリバチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオオハキリバチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS