オオトガリハナバチとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > ハチ > オオトガリハナバチの意味・解説 

オオトガリハナバチ

学名Coelioxys fenestrata

dorsal view lateral view
frontal view
巣の中をみる

和名 オオトガリハナバチ
学名 Coelioxys fenestrata Smith, 1873
上科 ミツバチ上科 (Superfamily Apoidea)
ハキリバチ科 (Family Megachilidae)
亜科 ハキリバチ亜科 (Subfamily Megachilinae)
トガリハナバチ属 (Genus Coelioxys)
体長 約14-24 mm
特徴 体は黒色顔面には褐色の毛が密生する。腹部各節末端には白色毛の横帯がある。翅の半分以上黒褐色で、紫色光沢がある。これまで単にトガリハナバチ呼ばれてきた。
分布 北海道本州九州
関連する生物 オオハキリバチChalicodoma sculpturalis)に労働寄生する。



オオトガリハナバチと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オオトガリハナバチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オオトガリハナバチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
© 2020 独立行政法人 森林総合研究所

©2020 Weblio RSS