カタグロチビドロバチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > ハチ > カタグロチビドロバチの意味・解説 

カタグロチビドロバチ

学名Stenodynerus chinensis

dorsal view lateral view
frontal view
巣の中をみる

和名 カタグロチビドロバチ
学名 Stenodynerus chinensis (Saussure, 1863)
上科 スズメバチ上科 (Superfamily Vespoidea)
ドロバチ科 (Family Eumenidae)
チビドロバチ属 (Genus Stenodynerus)
体長 6-10 mm
特徴 体は黒色で、腹部1-2背板後縁黄色帯がある。肩板が黒褐色であることが、「カタグロ」の由来。竹筒などに泥の仕切り作り営巣する。幼虫の餌としてハマキガなどの幼虫狩る
分布 北海道本州四国九州対馬大隅諸島
関連する生物




カタグロチビドロバチと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カタグロチビドロバチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カタグロチビドロバチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
© 2022 独立行政法人 森林総合研究所

©2022 GRAS Group, Inc.RSS