Common putatとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Common putatの意味・解説 

さがりばな (下がり花)

Barringtonia racemosa

Barringtonia racemosa

Barringtonia racemosa

Barringtonia racemosa

Barringtonia racemosa

Barringtonia racemosa

Barringtonia racemosa

わが国南西諸島から台湾東南アジアインドそれにポリネシア広く分布しています。海岸近く生え、高さは20メートルほどになります長さ40センチほどあり、縁に小さな鋸歯あります6月から7月ごろ、長い総状花序下垂させて、夜に淡い黄白色の4弁花を咲かせます。長くて白い房状の雄しべが目立ちますが、朝には落花してしまいます。果実種子には毒が含まれ、漁に使用されるそうです
サガリバナ科サガリバナ属の常緑高木で、学名Barringtoniaracemosa。英名は Common putat。
サガリバナのほかの用語一覧
サガリバナ:  下がり花  碁盤の脚
ホウガンノキ:  砲丸の木


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Common putat」の関連用語

1
36% |||||

Common putatのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Common putatのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.

©2019 Weblio RSS