Arisaema ringensとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > Arisaema ringensの意味・解説 

むさしあぶみ (武蔵鐙)

Arisaema ringens

Arisaema ringens

Arisaema ringens

Arisaema ringens

わが国本州関東地方以西から四国九州、それに朝鮮半島中国分布してます。海岸に近い林内湿ったところに生え、高さは3060センチになりますは3出複葉で、小葉卵形です。3月から5月ごろ、真っ直ぐに花茎伸ばして暗紫色から緑白色仏炎苞包まれた花を咲かせます。名前は、仏炎苞のかたちが武蔵の国作られていた馬具の鐙(あぶみ)に似ていることから。この塊茎有毒ですが、漢方では天南星てんなんしょう)と呼んで薬用されます
サトイモ科テンナンショウ属多年草で、学名は Arisaema ringens。英名は Jack in the pulpit, Musasi-Abumi
サトイモのほかの用語一覧
テンナンショウ:  上高地天南星  室生天南星  室生蝮草  武蔵鐙  浦島草  蝮草  雪餅草

武蔵鐙

読み方:ムサシアブミ(musashiabumi)

サトイモ科多年草園芸植物

学名 Arisaema ringens


由跋

読み方:ユハツ(yuhatsu)

ムサシアブミ別称
サトイモ科多年草園芸植物

学名 Arisaema ringens



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Arisaema ringens」の関連用語

Arisaema ringensのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Arisaema ringensのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS