鳥肌が立つとは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 慣用句 > 身体 > > 鳥肌が立つの意味・解説 

鳥肌が立つ

読み方:とりはだがたつ
別表記:鳥肌がたつトリハダが立つ

強い寒さ悪寒、あるいはそれに似た感情覚えることにより、腕などの肌の毛穴収縮した様子を指す表現さながら羽を毟った鳥のようになる。

鳥肌

(鳥肌が立つ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 07:48 UTC 版)

鳥肌(とりはだ、goose flesh)とは、寒さ(寒冷ストレス)や恐怖、あるいは驚きなどの情緒性ストレスに反応して、立毛筋が収縮し皮膚の毛孔部が隆起する現象[1]を毟った痕のような細かい突起が出る。皮(がひ)ともいう[1]。関西地方では「さぶいぼ」(寒くて出るイボの意味)ともいう。


  1. ^ a b 清水宏『あたらしい皮膚科学 第2版』中山書店、2011年、23頁。


「鳥肌」の続きの解説一覧



鳥肌が立つと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鳥肌が立つ」の関連用語

鳥肌が立つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鳥肌が立つのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鳥肌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS