鯨波とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 大波 > 鯨波の意味・解説 

とき【×鬨/時/鯨波】

合戦で、士気鼓舞し、敵に対して戦闘開始告げるために発する叫び声大将が「えいえい」と発声して全軍が「おう」と声上げて和し、これを三度繰り返すのを通例とする。また、戦勝喜び表現としても発した。鬨の声

多数の人が、一度にどっとあげる声。


げい‐は【鯨波/×鯢波】

大波巨濤(きょとう)。

大ぜいの人が一斉にあげる声。鬨(とき)の声。


げい‐は【鯨波・鯢波】

〔名〕 (のような大きな動物が、波をおこし水吹き立てるさまから)

大きな波。大波巨濤(きょとう)。怒濤鯨浪

左記(1180か)「未竜顔忽溺鯨波」〔劉禹錫‐送源中丞新羅冊立使詩〕

戦場などで、多くの人が一度にどっとあげる大きな声。鬨(とき)の声。喊声(かんせい)。鯨浪

太平記14C後)一「此よ四海大に乱て〈略〉狼煙天を翳め鯢波(ゲイハ)地を動かすこと、今に至て四十余年」〔駱賓王‐和孫長史秋日臥詩〕


とき【鬨・時・鯨波】

〔名〕

合戦で、開戦に際し、士気鼓舞し、敵に対して戦闘開始告げるために発する叫び声大将が「えいえい」と発声全軍が「おう」と声をあげて和し、これを三度繰り返すのを通例とする。また、戦勝喜び表現としても発した。鬨の声。→ときを挙(あ)ぐ・ときを作(つく)る。

平治(1220頃か)中「いさみすすめる三千余騎、一度に時をどっとつくりければ」

多人数の者が、一同にあげる声。

いのちの初夜(1936)〈北条民雄〉「追手の鯨波(トキ)はもう間近まで寄せて来た」


鯨波

読み方:ゲイハ(geiha)

大波


鯨波

読み方:トキtoki

合戦の際、士気を鼓舞するために大勢で同じに発する叫び声


鯨波

読み方:ゲイハ(geiha)

大きな波。戦場などで大勢の者が一度喊声かんせい)をあげること。

別名


鯨波

読み方:クジラナミ(kujiranami)

所在 新潟県柏崎市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鯨波

読み方:クジラナミ(kujiranami)

所在 新潟県(JR信越本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

鯨波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 06:56 UTC 版)

鯨波(げいは/くじらなみ)




「鯨波」の続きの解説一覧



鯨波と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鯨波」の関連用語

鯨波のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鯨波のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鯨波 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS