髪結い伊三次捕物余話とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 髪結い伊三次捕物余話の意味・解説 

髪結い伊三次捕物余話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/19 16:16 UTC 版)

髪結い伊三次捕物余話』(かみゆいいさじとりものよわ)は、宇江佐真理による時代小説のシリーズ。シリーズ第1作「幻の声」は、1997年オール讀物新人賞を受賞した作者のデビュー作で、同作を表題作とする『幻の声』は第117回直木三十五賞候補となった。


  1. ^ 宇江佐真理 『紫紺のつばめ』 文庫のためのあとがき、文藝春秋〈文春文庫〉、2002年。ISBN 978-4-16-764002-6
  2. ^ 宇江佐真理 『今日を刻む時計』 文庫のためのあとがき、文藝春秋〈文春文庫〉、2013年。ISBN 978-4-16-764016-3


「髪結い伊三次捕物余話」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「髪結い伊三次捕物余話」の関連用語

髪結い伊三次捕物余話のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



髪結い伊三次捕物余話のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの髪結い伊三次捕物余話 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS