認知症対応型共同生活介護とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 介護用語 > 認知症対応型共同生活介護の意味・解説 

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)

要介護者であって認知症痴呆)の状態にある高齢者で、寝たきりでなく、少人数による共同生活を営むことに支障がない人が、小人数(8人程度)で介護スタッフとともに共同生活行い食事入浴排泄などの日常生活支援機能訓練を受けるサービスです。
家庭的雰囲気の中で、認知症痴呆)の症状緩和うながすことを目的としています。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「認知症対応型共同生活介護」の関連用語

認知症対応型共同生活介護のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



認知症対応型共同生活介護のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2018 kaigo-service.all rights reserved

©2018 Weblio RSS