百合山羽公とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 百合山羽公の意味・解説 

百合山羽公

百合山羽公の俳句

おしろいの?げたる稚児も花まつり
よしきりやよしふく風にまぎれざる
子等とまたながき八月きりぎりす
子等とまた長き八月きりぎりす
扇風機ジャズの楽器のいまやすむ
木犀や瓜人に逢はぬこと幾月
桃冷す水しろがねにうごきけり
海道を好みて走るいなびかり
花盗人ちりくる花を仰ぎけり
茶の花のかげのきてゐる囮かな
顔あげて茅花の中の鹿の子かな
 

百合山羽公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/31 16:39 UTC 版)

百合山 羽公(ゆりやま うこう 、1904年9月21日 - 1991年10月22日)は、俳人。本名・又三郎。静岡県浜松生。県立浜松商業学校卒業。在学中、高浜虚子に会い、その紹介で池内たけしに師事。1923年、上京し「ホトトギス」の句座に参加、同時に池内が選者を務めていた「破魔弓」(「馬酔木」の前身)に入会。1929年、24歳で「ホトトギス」巻頭。1933年、水原秋桜子の「ホトトギス」離反に従い「馬酔木」に拠り、「馬酔木」第一期同人となる。1945年、浜松の住居を戦災で失い、同県引佐郡細江町の父の生家に疎開。1946年「あやめ」創刊。1950年「あやめ」を「海坂」(うなさか)に改題、20年来の句友である相生垣瓜人と共宰する。1952年浜松に戻る。1974年、句集『寒雁』ほかで第8回蛇笏賞受賞。句集は他に『故園』『樂土』がある。1991年10月22日死去。87歳。




「百合山羽公」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「百合山羽公」の関連用語

百合山羽公のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



百合山羽公のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの百合山羽公 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS