百八の魔星、再び世に放たれるとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 百八の魔星、再び世に放たれるの意味・解説 

百八の魔星、再び世に放たれる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:35 UTC 版)

水滸伝」の記事における「百八の魔星、再び世に放たれる」の解説

北宋第四皇帝仁宗時代、国の全土疫病蔓延し打てる手を尽くした朝廷最後の手段として、竜虎山に住む仙人天師祈祷依頼するため、太尉洪信こうしん)を使者として派遣する竜虎山着いた洪信様々な霊威遭うが、童子化身した天師会い図らずも都へと向かわせることが出来た翌日道観内を見学する洪信は「伏魔殿」と額のかかった厳重に封印された扉を目にする聞けば唐の時代に、天界追放され百八の魔星を代々封印している場所で、絶対に開けてはならないという。しかし、これに興味を持った洪信道士らの制止聞かず権力振りかざして無理矢理扉を開けさせる中には「遇洪而開(こうにあいてひらく)」という四文字記した石碑があり、これを退けると、突如目も眩まんばかり閃光走り三十六の天罡星てんこうせい)と七十二の地煞星(ちさつせい)が天空へと飛び去った恐れをなし洪信は、皆にこの事を固く口止めして山を降り、都へ戻った

※この「百八の魔星、再び世に放たれる」の解説は、「水滸伝」の解説の一部です。
「百八の魔星、再び世に放たれる」を含む「水滸伝」の記事については、「水滸伝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「百八の魔星、再び世に放たれる」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

百八の魔星、再び世に放たれるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



百八の魔星、再び世に放たれるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水滸伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS