温罨法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 治療法 > 温罨法の意味・解説 

おん あんぽう をんあんぱふ [3] 【温罨法】

患部温める治療法温湿布などの湿性温罨法と湯たんぽ光線照射などの乾性温罨法がある。 ↔ 冷罨法

温罨法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/27 14:37 UTC 版)

温罨法(おんあんぽう)は、漢方医学の治療法の一つ。古くは熱熨法(ねついほう)とも呼んだ。人体(特に患部)を暖めることによって寒湿に由来する病状を緩和して、新陳代謝を活性化させる効果があると言われている。




「温罨法」の続きの解説一覧





温罨法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「温罨法」の関連用語

温罨法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウィリアム・A・アンダース

興津海水浴場

尾方剛

グラシリス

エアバス・インダストリー式A300B4-622R型

ジョンコン

200型

中部国際空港開港記念500円銀貨幣





温罨法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの温罨法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS