海の汚染水とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 海の汚染水の意味・解説 

海の汚染水

読み方:うみのおせんすい

2011年3月東京電力福島第一原子力発電所発生した原発事故により、海洋中に流出した、放射性物質大量に含んだ汚染水)のこと。

原発事故影響により、福島第一原発では施設から海中汚染水漏れ出す事態発生し、また、高濃度放射能汚染水の保管先を確保する目的玉突き排水が行われ、4月初頭に、濃度の低い汚染水海中1万トン以上放出された。

東電福島県沖海中放射線濃度観測を行っているが、原発事故による汚染水放出によって、国が定め基準4000倍を超える放射性物質放射性ヨウ素)が検出される事態となった。その後シルトフェンスによる拡散阻止などの対策がとられ、海の汚染水の拡散ある程度阻止された。沖合いでの観測値4月後半までに基準値以下まで下がっている。

4月29日現在、東京電力は、シルトフェンス内側に貯まっている海の汚染水を処理するための「循環装置」を5月中に設置すると発表した。循環装置は「ゼオライト」が持つ放射性物質吸着効果利用し、汚染水から放射性物質を除いていくことができるという。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海の汚染水」の関連用語

海の汚染水のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海の汚染水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS