松平忠勝とは?

松平忠勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/03 17:53 UTC 版)

松平 忠勝(まつだいら ただかつ、? - 寛文4年2月29日1664年3月26日))は、江戸時代徳川頼宣の家臣で、後に家格寄合の紀州藩士。久松松平家松平定勝の養子で、家紋は葵と九曜紋を使用する。実父は改易となった桜井松平家浜松藩主・松平忠頼。母は織田長益の娘。子息は男子2人が『南紀徳川史・第5冊』で確認できる。妻は大崎玄蕃の娘とされる。通称は新右衛門尉、長七郎。江戸幕府第14代将軍徳川家茂の生母実成院の実家である紀州藩高家の松平六郎右衛門家の先祖である。




「松平忠勝」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松平忠勝」の関連用語

松平忠勝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松平忠勝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松平忠勝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS