春見文勝とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 春見文勝の意味・解説 

春見文勝


春見文勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/29 04:26 UTC 版)

春見 文勝(かすみ ぶんしょう、1905年明治38年)12月25日 - 1998年平成10年)10月17日)は、日本の僧侶臨済宗妙心寺派第29代管長、妙心寺642世、海清寺住職全日本仏教会会長。道号は文勝無覚、室号は「南隠窟」「南陽室」「喝雲窟」「大楠窟」「大楠樹」「自春見」「大楠」遷化時の「大楠」には窟は付けない。


  1. ^ 『雲水の一生』春見文勝著 千眞工藝発行 1972年
  2. ^ 『昭和平成 禅僧伝』 臨済会編 春秋社 2010年
  3. ^ 『雲水の一生』春見文勝著 p.205 千眞工藝発行 1972年
  4. ^ 『雲水の一生』春見文勝著 p.215 千眞工藝発行 1972年


「春見文勝」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「春見文勝」の関連用語

春見文勝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



春見文勝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの春見文勝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS