断熱効率とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 断熱効率の意味・解説 

断熱効率

読み方:だんねつこうりつ

断熱性が、分量価格に対してどの程度断熱性を発揮するか、という程度分量価格対す断熱性のよさ、パフォーマンス

断熱効率

英語 adiabatic efficiency

送風機圧縮機タービン効率の表し方のひとつ。流体機械気体をある圧力から一定の圧力まで圧縮したり膨張させたりする場合可逆断熱的に行われることを理想考えて、等エントロピー的に圧縮に必要な仕事、または等エントロピー膨張によってなされる仕事実際圧縮仕事、または膨張仕事との比で効率を表したもの理想的断熱変化は、等エントロピー変化ということより、等エントロピー効率ということもある。実際仕事送風機圧縮機では分母に、タービンでは分子にとる。それらの値は0.8~0.9が一般的である。これに対して温度一定に保たれた状態での仕事実際仕事の比などを温効率と呼ぶ。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「断熱効率」の関連用語

断熱効率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



断熱効率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS