振馬鍬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 振馬鍬の意味・解説 

振馬鍬,ほうりまんが (ふりまぐわ)

振馬鍬 地方名ほうりまんがとも呼ばれる犂耕のあとの播種床にあたる部分乾いた土塊に対し、両手鳥居把手左右にふりながら破土要部破砕するもので、明治大正時代通じ昭和20年代後半まで主に水田裏作使用された。鳥居型の把手を除くと全体鉄製で、重量軽くするまてパイプ使用されている。高さ67cm、(内歯桿9cm)、重さ2.2kgである。左右にふりながら砕土用歯桿の打撃によって表面砕土を行う。



振馬鍬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「振馬鍬」の関連用語

振馬鍬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



振馬鍬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2020 Weblio RSS