代かき馬鍬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 代かき馬鍬の意味・解説 

代かき馬鍬 (しろかきまぐわ)

代かき馬鍬 車馬鍬(くるままぐわ)の改良型で、鬼馬鍬とも呼ばれる重粘土壌の乾田砕土に適し、先端鋭利な刃桿を回転軸はめこみ、これを回転させながら土塊を刺割って砕土し、直立刃桿で整地する。いずれも大正時代中期から昭和20年代後半まで使用され、それまで乾田砕土器振馬鍬が、これに置換えられた。もともと乾田平面耕あとの砕土機であるが、地域によっては、代かきにも使用したもので、代かき馬鍬という呼び名がつけられたものと思われる。(特許ヤマタ式の刻印あり)支柱長さ91cm、長さ93cm、歯桿の長さ7cm、重さ20kgである。



代かき馬鍬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「代かき馬鍬」の関連用語

代かき馬鍬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



代かき馬鍬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS