八反ずりとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 八反ずりの意味・解説 

八反ずり (はったんずり)

八反ずり 八反取りは、水田除草専用であって一般に2番中耕以後に使われる。柄を持って前後押し引きしながら前進するが、これによって水田表土浅くかき廻すその結果除草効果生ずる。本器は、明治末期関西地方で使われだし、その後改良重ねながら全国普及したが、除草剤普及にともない今日ではほとんど使われなくなった。水田土壌面をずり動かすことから、この名があるのであろう大正時代から除草剤導入の頃まで使用した。船形部の幅20.8cm、長さ49cm、柄の長さ188cm、重さ1.13kgである。柄先端にはT字型の握り部がついている



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

八反ずりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



八反ずりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS