座繰器とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農機具の種類 > 座繰器の意味・解説 

座繰器 (ざぐりき)

座繰器 ふわりに掛けた綛(かせ)状の織糸糸枠(小)に巻き返すときに使用した。本来座繰り器は、繭から生糸繰糸する器具で、コンロ、鍋、集緒装置などを伴っていたのが、やがて、機織準備のためだけの糸の繰返し器に分化した。糸枠巻き返された織糸は、たて糸用は整経へ、よこ糸用はよこ管巻きへ供されていく。大正時代使用された。高さ27cm、長さ45cmの木製である。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「座繰器」の関連用語

座繰器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



座繰器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2020 Weblio RSS