押切りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 道具 > 押切りの意味・解説 

おし きり [0] 【押(し)切り】

まぐさ・わら)・などを切る道具飼い葉切り。
馬のたてがみを5センチメートルほどにそろえて切ること。
押切判おしきりばん)」の略。

押切り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

押切り (おしきり)

押切り 押切りは、稲わら、麦かん、牧草野草などを、それぞれの用途に応じて、適当の長さに切るための器具である。押切りには、押金式(庖丁固定型)と受金式(庖丁運動式)とがあり、庖丁と受刃の間に材料をはさみ、把柄で押切る構造となっている。安価使用が簡単であるが、手加減桿を押し出して切るため、切断長が一定せず、また指先を切る危険がある。明治時代後期から昭和20年頃まで使用された。2110と同じ押金式である。刃渡り44cm、柄の長さ46cm。台の長さ101cm、幅18cmである。



押切りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「押切り」の関連用語

押切りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



押切りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
農林水産研究情報総合センター農林水産研究情報総合センター
Copyright (C) Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center. All rights reserved.

©2019 Weblio RSS