手結とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 装身具 > 手結の意味・解説 

て‐つがい〔‐つがひ〕【手番/手結】

読み方:てつがい

平安時代騎射(うまゆみ)・射礼(じゃらい)・賭弓(のりゆみ)などで、射手一人ずつ組み合わせて競わせること。

段取り手はず

「祐成、弥よき—と思ひ」〈浄・頼朝浜出


た‐ゆい〔‐ゆひ〕【手結】

読み方:たゆい

上代服装一つで、袖口(そでぐち)を結ぶこと。また、その紐(ひも)。


手結

読み方:テツガイ(tetsugai)

射礼賭弓相撲などで、競技者組み合わせをつくること


手結

読み方:テツガイ(tetsugai)

中古射礼などの式の前に射手左右ひとりずつつがわして競技練習をさせたこと

季節

分類 人事




手結と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

手結のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手結のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS