媚とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > の意味・解説 

こび [1][2] 【媚

こびること。へつらい。 「 -を呈する
[句項目] 媚を売る

【び】[漢字]

【尾】 [音]
動物のしっぽ。お。 「尾骨交尾・尾骶(びてい)骨・竜頭蛇尾
うしろ。あと。 「尾撃尾行
尾張おわり)国」の略。 「尾州濃尾
【 弥 】 [音] ビ ・ミ
ひろがる。ゆきわたる。 「弥漫
梵語外来語音訳字。 「《ミ》弥撤(ミサ)・弥勒みろく)・阿弥陀あみだ)」
【眉】 [音] ビ ・ミ
まゆ。まゆげ。 「眉宇眉睫びしよう)・眉目眉間みけん)・蛾眉がび)・秀眉愁眉焦眉拝眉白眉柳眉
【美】 [音]
うまい。 「美酒美食美味甘美
立派である。すばらしい。 「美挙美質美俗美談美田美徳美風
ほめる。 「賛美賞美嘆美褒美
【備】 [音]
前もって用意する。そなえる。 「備考備荒備忘軍備守備準備戦備武備防備予備
そなえつける。いつでも使えるように置いておく。 「備品常備設備装備
必要なものがそろっている。 「完備具備兼備
吉備きび)国」の略。 「備前備中びつちゆう)・備後びんご)・芸備・伯備
【 媚 】 [音]
こびる。へつらう。色っぽくする。 「媚態媚薬
うつくしい。 「明媚
【微】 [音] ビ ・ミ
非常に小さい。細かい。 「微細微小微塵みじん)・極微細微微生物微粒子顕微鏡
ごくわずか。かすか。 「微雨微温微醺びくん)・微光微罪微弱微笑微動微熱微微微風微量軽微
ほのか。はっきりしない。 「微妙・隠微機微
地位身分が低い。 「微臣微賤びせん)」
人目つかない。ひそか。 「微行
衰える。 「微運衰微
【鼻】 [音]
はな。 「鼻音鼻孔鼻腔びこう)・鼻梁びりよう)・酸鼻耳鼻科隆鼻術
はじめ。 「鼻祖
【 靡 】 [音]
なびく。 「靡然風靡
しおれる。ほろびる。 「萎靡いび)」
はなやか。華美。おごり。 「淫靡いんび)」

作者橋本治

収載図書鞦韆
出版社白夜書房
刊行年月1988.4

収載図書鞦韆
出版社新潮社
刊行年月1991.5
シリーズ名新潮文庫

収載図書鞦韆橋本治短篇小説コレクション
出版社筑摩書房
刊行年月2006.4
シリーズ名ちくま文庫


出典:『Wiktionary』 (2011/10/22 21:04 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「媚」の関連用語

媚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



媚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS