天才てれびくんシリーズの生放送とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 天才てれびくんシリーズの生放送の意味・解説 

天才てれびくんシリーズの生放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/06 23:09 UTC 版)

天才てれびくんシリーズの生放送(てんさいてれびくんシリーズのなまほうそう)は、『天才てれびくんシリーズ』の番組内で放送中、あるいは過去に放送されていた生放送コーナーについて解説する。




  1. ^ ただし、その後の異次元獣戦やオモイデ界でのよすがん入手に対して協力してくれるケースもあり、最終的に次元ホール消去作戦では2014年度に味方にできなかったどちゃもんも全て協力してくれた。
  2. ^ 例としてぷうかは尻尾のヘラ、きのちよは髷、さすらかすらは耳。
  3. ^ 2016年度で回収されたどちゃもんは異次元獣のコアや、キメラ異次元獣の一部にされていることが判明した。
  4. ^ 例として群馬編の煙は団扇、福岡編の牛乳のように妨害に使われた物をヒントとして関連した物が対応している。
  5. ^ 初期は2期広島編のメガホン(熱い応援で氷を溶かす)のような抽象的なものだったが、後に2期神奈川編の肉まんや2期和歌山編の備長炭、3期愛知編の味噌煮込みうどんといった、実際に熱さを感じさせるものが登場した。
  6. ^ 例を挙げると、広島編には毛利元就の三本の矢の教訓に由来)、鹿児島編にはロケット種子島宇宙センターがあるため)、岩手編には機関車宮沢賢治銀河鉄道の夜に由来)が登場するなど、一部例外を除けばその都道府県に関係するものが最低一つは入っている。
  7. ^ 山梨のかげむしゃむしゃ編では葡萄、京都のみやこん編では御手洗団子といったどちゃもんの大好物のほかに、おにぎりカツ丼がある。
  8. ^ 例として3期山形編では将棋の飛車、3期奈良編では天理ラーメン奈良県天理市のご当地ラーメン)が登場しており、2015年度と同様に一部例外を除きその都道府県に関係するものが最低一つ入っている。
  9. ^ スプーン異次元獣戦のみ例外として4体のどちゃもんが参戦した。
  10. ^ 基本マップは巨大な鉛筆が立ち並び一軒の寺院のような建物がある島状のエリア(通称:鉛筆の島)だが、第17週以降は筆の穂先のような形状の巨岩が並び、もじもんのモチーフとなっている漢字があしらわれた第2マップ・筆の島も登場するようになった。2018年には通常の「鉛筆の島」&「筆の島」に加えて新たに新エリア「深海」と「定規の島」が追加された。
  11. ^ その場合、最終ミッションが通常の「もじもんを仲間にせよ!」ではなく特殊ミッションや別ミッション(後述の「深海の主を倒せ!」)が置き換えられるパターンがとられ大概あるくめですのクリア条件である「歩の駒」やときおのミッションである「瞬」の泡玉など最初告げたクリア条件のノルマが途中で変更されることが多い)。なお、この回のミッションに限りもじもんは以前のミッションの成功失敗に関係なく協力してくれることが多い。
  12. ^ 例を取ると「ニュース深追い」を奪還には警備員が来て警備が増える時間、歴史を修正はレディ・リリがツアーに出発する時間。
  13. ^ 基本的に4択だが、2択・3択の出題もある。
  14. ^ ただしとれじゃーのは2017年度のみ150万回命中させなければならなかった。
  15. ^ ただし、特別アイテムが存在しない場合や2つある場合もある。また、くせまがり編ではワカメ、ホタテ、寿司が存在せず、代わりに緑色の汁と灰色の汁が回復アイテムだった。
  16. ^ バッテリーの回復度はワカメが1目盛り、帆立が2目盛り、寿司が3目盛り、特別アイテムが4又は5目盛り。なお、くせまがり編の灰色の汁は2目盛り、緑色の汁は3目盛り回復だった。
  17. ^ 基本もじもんがばら撒くアイテムはダメージアイテムだが、やさふぇるは例外で回復アイテムのミルクティーをばら撒いた。
  18. ^ 基本は1目盛り減少だが、2目盛り以上減少する妨害アイテムもある。
  19. ^ なお、今回の法律に関係する問題はすべてほうほうほうしの友人の菊地幸夫弁護士が実際に問題監修を行っている。また、解答の関係上、シンキングタイムも通常より長めに設定されているほか、守守団と茶の間戦士が意見を聞けるようになっている。
  20. ^ 44週ではセニョール玉置が、48週では北川桜が皆川と出題を行った。
  21. ^ 場所の指示やその回で知らされるひらがなの発表(かぜーとんの「そ・よ・か・ぜ(そよ風)」やあるくめですの「ふ・か・お・い(深追い)」ようにそのもじもんやミッションに因む四文字からなる言葉が基本)を行う
  22. ^ くせまがりのモジゲン空間にいたカブトザコは表示された順番とは逆に入力して攻撃を防ぐ。
  23. ^ 実際、立花団長は「深海生物から防御するのと同じ感覚のように」と述べている。
  24. ^ ただし、とれじゃーのやくせまがりの回等のように深海の主に遭遇することがなく、そのまま宝箱確保に成功する場合もある。また、第53週以降の様々な特殊ミッション回では、通常の「もじもんを仲間にせよ!」の代わりにこのミッションが各最終ミッションになった。
  25. ^ ただし、耐久力リセットの状態で行われた場合もあった。
  26. ^ ただし、「青編の主」は初めて毒攻撃を受けてどぅーろんが怖気づいてしまい解毒方法を忘れてしまい最終的に助っ人ゲストのジャッキーちゃんが解毒法方法を教えてくれた。なお、以降は基本的に妨害攻撃の解除法は小島主任が教えている。
  27. ^ 毒攻撃からの回復は(毒を消す薬)の「薬」、麻痺攻撃の回復には(間違いを正す)の「正」、催眠攻撃には「眠っていた状態から起きる)の「起」。反撃時には主の部首と合わせると関連したつくりの部分の漢字(例としてぼうてるたちと戦った「人偏の主」の「木」(人偏()+木=「休(休む)」)、かぜーとんたちと戦った「目編の主」の「民」(目+民=「眠(眠る)」)のように「相手を鎮める」イメージの漢字、あるいはときおたちと戦った日偏の主の「月」(日+月=「明」で明るくさせて目を晦まさせる)、かめんれおんたちと戦ったさんずいの主の「立」(三水(氵)+立=「泣」とかめんれおんの「面」で「泣きっ面に蜂」光線を放つ)のように「相手を怯ませる」イメージの関係した関係した漢字やもじもんと合わせれば意味のある諺の漢字となる。また、もじもんの必殺攻撃はその回のもじもんの漢字と合わせて二字熟語や一つの単語になる漢字(例:ぼうてるの「壁」(防壁)、かぜーとんの「強」(強風)など、なお、らっかすたーの場合は「落」と合わせて三文字の単語「落花生」となる「花」と「生」の2種だった。また、第53週では最終ミッションの関係上、ノルマがときおが必殺技を決める「瞬(瞬時)」の時、1度ノルマを達成した後、エネルギー不足を理由に更にノルマを追加することがあった(これは第49週のあるくめですの最終ミッションと同じパターンである)。
  28. ^ 主に毒、電撃、催眠攻撃からの復旧の際は全海鮮隊攻撃の効果を消して復帰させる、反撃は発動すると一定時時間主が気絶して腹を見せ、この間かつお号は弱点の腹を撃てば与えられるダメージが3倍になる。必殺攻撃の場合はもじもんがエネルギーをためて完成した熟語・単語に応じた必殺攻撃を放って主を撃退できる。
  29. ^ かつお号及びかに号は「ヨシヨシ弾」を撃つ際や泡玉を取る際、カーソルを動かす十字キーがすべて上下左右逆になり、クラゲ号は防御選択時の4色ボタンがすべて1つずつずれた(青→赤、赤→緑、緑→黄、黄→青)状態になる。
  30. ^ ただし、ほわないとのもじ魔獣戦では70万個集めなければならなかった。
  31. ^ ふてくさーるのもじ魔獣戦では腐ったアイテム、れいかのもじ魔獣戦では凍ったアイテム、なまえんじぇるのもじ魔獣戦では黒い茨に包まれたアイテムが流れてくる。また、ほわないとのもじ魔獣戦では当初小島主任のミスでウニが流れていたほか、妨害行為により一定時間画面がモノクロになり色の復旧ミッションまでアイテムの大半が白黒の状態になる。
  32. ^ ぐれんちのもじ魔獣戦ではまにーごーるどの妨害でアイテムが金化され、まにーごーるどのもじ魔獣戦ではドクターによってアイテムに虫が集まる妨害をされた。
  33. ^ ぐれんちのもじ魔獣戦ではもじ魔獣が繰り出す拳骨のエフェクトを喰らったぼうてるが自暴自棄になり、まにーごーるどのもじ魔獣戦ではもじ魔獣の光線でうんじゃみぃとがくざんが金にされかかった。
  34. ^ 例を挙げるとぼうてるには癒しの紅茶、うんじゃみぃとがくざんにはキンピカライト。なお、行動を封じられた際に他のもじもんが気絶した場合、回復アイテムと特別アイテムは同時にレーンに流れてくる。
  35. ^ ぐれんちのもじ魔獣戦では、本来なら愛の扇風機に愛の電池を送って攻撃を発動する予定だったが、まにーごーるどが愛の電池を金に変えてしまったため、朋橋弘至が「発電機付きトレーニングバイク 愛してます1号」を漕いで攻撃を発動させた。
  36. ^ 全2問で1問目が3×3の9マス、2問目が5×5の25マス。
  37. ^ 例を挙げるとぐれんちのもじ魔獣は暴れストリームとあばれる男の写真、まにーごーるどのもじ魔獣戦にはぎんじょるのと過去にまにーごーるどを振った男性たちの写真




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天才てれびくんシリーズの生放送」の関連用語

天才てれびくんシリーズの生放送のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天才てれびくんシリーズの生放送のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天才てれびくんシリーズの生放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS