大槻平泉とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 美術人名辞典 > 大槻平泉の意味・解説 

大槻平泉

読み方おおつき へいせん

江戸後期儒者陸奥磐井郡の人。名は清準、字は子縄、通称は民治。初め仙台藩志村東嶼学び、のち昌平黌柴野栗山古賀精里らに師事する。文化7年仙台藩儒となり、藩校養賢堂学頭就任昌平黌に倣い学制改めた。嘉永3年(1850)歿、78才。

大槻平泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 09:48 UTC 版)

大槻 平泉(おおつき へいせん、1773年安永2年) - 1850年2月28日嘉永3年1月17日[1])は、江戸時代儒学者。名は清準、は子縄、通称は民治。




「大槻平泉」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大槻平泉」の関連用語

大槻平泉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大槻平泉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大槻平泉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS