大型イカ釣り漁場とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 漁業 > 漁場 > 大型イカ釣り漁場の意味・解説 

大型イカ釣り漁場

大型イカ釣り漁場

ニュージーランド漁場は、昭和47年から操業し、平成元年まで政府協定により漁獲割り当てを受けて操業してきたが、その後漁獲割り当て消滅したためニュージーランドとの合弁船が操業している。漁場同国200カイリ水域内、南島周辺海域操業期間は12月から翌年5月までで、ニュージーランド・スルメイカを獲っている。
ペルー漁場は、平成2~3年試験操業行いアメリカアカイカという大型イカ漁場開発し、ペルー200カイリ内の海域操業

フォークランド漁場は、昭和59年出漁し、一時日本全体イカ漁獲量半分近く占めたが、その後アルゼンチン海域への出漁が可能になったため漁獲量減少した。
アルゼンチン漁場は、平成4年から現地会社との合弁により船籍相手国に変え、操業が行われている。操業期間は2~8月
このほかに、コスタリカ沖の公海南西大西洋公海北太平洋公海漁場でも操業



大型イカ釣り漁場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大型イカ釣り漁場のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大型イカ釣り漁場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
大日本水産会大日本水産会
All Rights Reserved, Copyright(C) JAPAN FISHERIES ASSOCIATION 1998-2019

©2019 Weblio RSS