吉野神宮井戸屋形とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 吉野神宮井戸屋形の意味・解説 

吉野神宮井戸屋形

名称: 吉野神宮井戸屋形
ふりがな よしのじんぐういどやかた
登録番号 29-0179
員数(数): 1
員数(単位):
構造 木造瓦葺、幅1.6m、井戸
時代区分 昭和
年代 昭和6年
代表都道府県 奈良県
所在地 奈良県吉野郡吉野町大字吉野山3226
登録基準 国土歴史的景観寄与しているもの
備考(調査): 明治22年建設井戸屋形昭和6年大きく改修したが、当初位置に残る。
施工者:
解説文: 神饌所東方位置する。周囲葛石をまわし、中央石造井桁を置き、その東西に方を建て、その前後斜めの添柱支える。長い腕木持ち出し、深い一軒垂木支持する。屋根はやや起りのある切妻造桟瓦葺。明治造営時の境内様子伝え遺構


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「吉野神宮井戸屋形」の関連用語

吉野神宮井戸屋形のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



吉野神宮井戸屋形のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS