危殆化とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 危殆化の意味・解説 

危殆化

読み方きたいか
【英】compromise

危殆化とは、「危険な状態になること」「危うくなること」を意味する語である。コンピュータ性能向上によって暗号化技術はじめとするセキュリティ技術安全性が、相対的に低下していくこと指すことが多い。

暗号化アルゴリズムは、一般的にコンピュータ演算能力駆使しても現実的時間の中では処理しきれない程の複雑さを備えることによって暗号解読困難にし、安全性確保している。このためコンピュータ性能飛躍的に向上したり、暗号化アルゴリズム効率的解読手法考案されたりすると、暗号解読非現実的ではなくなり、十分に安全とはいえなくなる。

その他、公開鍵暗号を用いたセキュリティ技術において秘密鍵外部漏れることや、パスワードメモして安易な方法管理していたため他人に見られることなども、危殆化に含まれる

暗号化技術中心とする危殆化の定義や状況については、IPA情報処理推進機構)が2005年公開した「暗号の危殆化に関する調査報告書に詳しい。


参照リンク
暗号の危殆化に関する調査報告書 - (独立行政法人情報処理推進機構)


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「危殆化」の関連用語

危殆化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



危殆化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ危殆化の記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS