北部地域とは? わかりやすく解説

北部地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/18 04:33 UTC 版)

北部地域北方地域(英:Northern Region北方領土ノーザンテリトリー(英:Northern Territory)とはその国における北の地域・領土のこと。




「北部地域」の続きの解説一覧

北部地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/30 00:52 UTC 版)

クイーンズランド州の地域」の記事における「北部地域」の解説

北部地域はタウンズヴィル中心とした沿岸一帯である。タウンズヴィル内陸部マウントアイザから運ばれ鉱産資源と、周辺地域からの畜産物主要な輸出港であり、またこの地域の北にあるルシンダの港は輸出用砂糖集積地である。内陸部にはチャーターズ・タワーズ、沿岸にはエア、ホーム・ヒル、インガムといった町が存在する

※この「北部地域」の解説は、「クイーンズランド州の地域」の解説の一部です。
「北部地域」を含む「クイーンズランド州の地域」の記事については、「クイーンズランド州の地域」の概要を参照ください。


北部地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 09:35 UTC 版)

マーセナリーズ」の記事における「北部地域」の解説

亀城クソン商店ビル多く立ち並ぶマップ最大都市国連軍指揮所MASH野戦病院)が近いこともあり国連軍巡回しているため、他の都市比べると安全である泰川(テチョン) 北部地域の沿岸位置する。北にはテチョン原子炉があり、南に各勢力戦闘激化している西テチョン戦闘区域がある。 定州チョンジュ) 北マップ南端にある韓国軍支配下にある都市大規模な港湾施設があり、貨物船などが停泊している。韓国軍統治されているとは言え民間車、市民などの往来非常に多い軍事施設前述の韓国軍基地以外はなく、商店高層ビルなどが立ち並んでいる。街の北には、チョンジュファームなる田園地帯韓国軍所有チョンジュ飛行場がある。 寧辺ヨンビョンロシアン・マフィア本拠地がある市街地。街のほとんどが瓦礫の山となっており荒廃している。南西にはヨンビョン原子炉核燃料再処理場がある東にヨンビョン駅がある。実際の寧辺北朝鮮核開発中心地である。また、寧辺」の読みは「ニョンビョン(Nyongbyon)」だが、韓国では「ヨンビョン(Yeongbyeon)」である。 丹東タントンゲーム中で唯一北朝鮮ではなく中国領の地域雪が降り積雪見られる中国軍司令部があり、北側には民家兵舎しきものもある。また、国境には大規模な鉄橋中朝友誼橋)が架かっており、中国軍進軍物資補給の要となっているが、プレイヤー次第で爆破することになる。 新義州シンジュ) 北マップ最北市街地。北部地域の中で高層建造物は最も多く、市の北には公園がある。丹東同様積雪見られる中国軍牽制する上で韓国軍の重要拠点のため、司令センターなど存在する他、多くの韓国兵が駐屯している。市入口には何故か李舜臣思しき像が存在する実際に李舜臣の像があるのは韓国国内のみ)。シンジュ南西沿岸には、シンジュ港存在する丹東隣接しているため、シンジュ田園地帯では韓国軍中国軍戦闘繰り広げられており、市内中国兵侵入していることもある。実在する新義州」の読みは「シンウィジュまたはシニジュSinuiju)」。

※この「北部地域」の解説は、「マーセナリーズ」の解説の一部です。
「北部地域」を含む「マーセナリーズ」の記事については、「マーセナリーズ」の概要を参照ください。


北部地域(下毛・宇佐・国東)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 05:23 UTC 版)

大分県の市町村章一覧」の記事における「北部地域(下毛宇佐国東)」の解説

三光村企画課道程 昭和30年昭和54年 上巻 三光村広報縮刷版大分県下毛郡三光村1995年本耶馬渓町刊行会『本耶馬渓町史』大分県下毛郡本耶馬渓町1987年3月耶馬溪町教育委員会耶馬溪町史』大分県下毛郡耶馬溪町編纂委員会、1975年3月山国町教育委員会山国町誌』大分県下毛郡山国町2005年2月院内町教育委員会内院内町刊行会『院内町誌』大分県宇佐郡院内町刊行会、1983年11月宇佐市役所『旧・宇佐市例規集』大分県宇佐市

※この「北部地域(下毛・宇佐・国東)」の解説は、「大分県の市町村章一覧」の解説の一部です。
「北部地域(下毛・宇佐・国東)」を含む「大分県の市町村章一覧」の記事については、「大分県の市町村章一覧」の概要を参照ください。


北部地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 00:13 UTC 版)

リオデジャネイロ」の記事における「北部地域」の解説

北部地域は工業地区住宅地区から構成され観光目玉となる場所はそれほど多くはないしかしながら、やや南よりには、1950年ワールドカップのために建設されかつては20万人収容人員誇った世界一サッカースタジアム現在の収容人員は95000人)エスタジオ・ド・マラカナンあること知られる。同スタジアムは、2014年ワールドカップおよび2016年リオデジャネイロオリンピックメイン会場である。なお、北部地域には、グアナバラ湾浮かいくつかの島も含まれており、主なものとしては、アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港位置するゴベルナドル島のほか、静寂さが観光客人気のパケタ島などをあげることができる。一般的に、北部地域は経済的にみて比較貧し階層住んでおり、内陸丘陵地帯にはコンプレックドアレマンが、沿岸部ではコンプレックソドマレに代表されるファヴェーラがある。一方グアナバラ湾対岸ニテロイ市との間までを結ぶリオ・ニテロイ大橋起点にあたるほか、州西部および北部に向かう幹線道路通過点にあたるなど交通の要衝的な地位確保しているのも事実である。

※この「北部地域」の解説は、「リオデジャネイロ」の解説の一部です。
「北部地域」を含む「リオデジャネイロ」の記事については、「リオデジャネイロ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「北部地域」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「北部地域」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北部地域」の関連用語

北部地域のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北部地域のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北部地域 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクイーンズランド州の地域 (改訂履歴)、マーセナリーズ (改訂履歴)、大分県の市町村章一覧 (改訂履歴)、リオデジャネイロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS