二郎系とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 二郎系の意味・解説 

二郎系

読み方:じろうけい

ラーメン店ラーメン二郎」を元祖にして典型模範標準とするラーメンスタイル系統を指す言い方。二郎系のラーメン、および、二郎系のラーメンを出す店のこと。とりわけ、「ラーメン二郎」の本家本元三田本店)とは直接の関係がない、ラーメンスタイルが似た店のこと。

二郎系は、「ラーメン二郎」に触発されて開発されたという意味で「二郎インスパイア系」と呼ばれることも多い。

二郎系のラーメンは、麺が極太の「わしわし麺」、丼には麺を覆い尽くすほどモヤシ等の野菜山盛り、そしてニンニク背脂などのトッピング任意選べる、といった要素おおむね共通の特徴とする。「ラーメン二郎」がこのようなスタイルラーメン開祖位置づけられている。

二郎系(じろうけい)

二郎系 二郎ラーメンではない。二郎という食べ物だ」の名ゼリフを生んだ三田本店慶應義塾大学脇の長蛇の列ができる三田本店発祥とした各店舗が『ラーメン二郎』。麺は噛みごたえのある太麺大量スープに大量背脂が入っている。「ブタ」と呼ばれる特大チャーシューがのる。
※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二郎系」の関連用語

二郎系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二郎系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2021 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典

©2021 Weblio RSS