ミニュアスの宝庫とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ミニュアスの宝庫の意味・解説 

ミニュアスの宝庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 02:44 UTC 版)

オルコメノス」の記事における「ミニュアスの宝庫」の解説

ミニュアスの宝庫はミケーネ時代最大埋葬モニュメント1つである。この墓はおそらく紀元前1250年頃にオルコメノス王族のために建造され古代略奪された。ミニュアスの宝庫は墓としての役割終えたのちも何世紀にもわたって見ることができ、ヘレニズム時代には崇拝の場所にさえなった。少なくともパウサニアスオルコメノス訪れて墳墓様子詳細に説明した2世紀までは、おそらく有名なランドマークであった長さ30メートルのドロモス(Dromos, 建物通じ入口通路)があり、入口暗灰色レバデイア大理石造られ木製ドアがあった。リンテルは現在も設置されており、長さは6メートル重さは数トンある。入口部屋は壁の取り付け穴に示されているように青銅ロゼット飾られていた。側面部屋天井には螺旋と花のモチーフ浮彫りされている。トロス中心にある長方形埋葬記念碑ヘレニズム時代紀元前323年から30年)のものである建築家考古学者アナスタシオス・オルランドスによって部分的に修復された。1994年ギリシャ文化省英語版)は主に排水側室の壁の強化からなる修復作業着手した

※この「ミニュアスの宝庫」の解説は、「オルコメノス」の解説の一部です。
「ミニュアスの宝庫」を含む「オルコメノス」の記事については、「オルコメノス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミニュアスの宝庫」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミニュアスの宝庫」の関連用語

1
オルコメノス 百科事典
34% |||||

ミニュアスの宝庫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミニュアスの宝庫のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオルコメノス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS