ベタベタとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ベタベタの意味・解説 

べたべた

別表記:ベタベタ

粘り気がありくっつくさま、しつこく粘りつく様子などを表す表現蜂蜜のように粘性の高い物体形容から、汗で衣服が肌につく様子、人がやたらと他人に絡んでくる様子など、幅広い事象について用いられる語。

べた‐べた

[副](スル)

物が粘りつくさま。「汗でシャツがべたべた(と)くっつく」

機嫌とったり甘えてまといついたりするさま。「人前男女がべたべた(と)する」

一面塗りつけるさま。「おしろいをべたべた(と)塗る」

物を一面はりつけるさま。「膏薬(こうやく)をべたべた(と)はる」

印などをやたらと押すさま。「朱印をべたべた(と)押す」

一面に書くさま。「壁にスローガンをべたべた(と)書く」

形動に同じ。「汗で体中べたべたになる」

アクセント]はタベタ、はベタベタ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベタベタ」の関連用語

ベタベタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベタベタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS