ビーストン・L・Jとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 探偵作家事典 > ビーストン・L・Jの意味・解説 

ビーストン・L・J(Leonard John Beeston)

本名ビーストンだが、名は不明1874年(明7)生まれ。別名ルシアンデイヴィス、リチャードキャムデン。
1908年(明41)、セキストンブレーク探偵談を執筆
1920-30年代(大10-昭10年代)にイギリスの「ストランドマガジン」「ベアースン」などの雑誌にて活躍した。当初アメリカでは知られていなかったが、江戸川乱歩指摘により、「The Pipe」(1924年(昭13)に「ストランドマガジン」に初出)が、1951年(昭26)に「「エラリークイーンズミステリマガジン」に再録される。
日本では1921年(大10)に西田政治により「マイナスの夜光球」(1921年(大10))紹介され、喝采を浴びた。「新青年」に71編が載り、作家別掲載数トップ占める。結末どんでん返し特色
1963年(昭38)、死去






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

ビーストン・L・Jのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

探偵・映画

怪の会

別冊宝石

探偵実話

新探偵小説

探偵文学

探偵趣味

探偵





ビーストン・L・Jのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。

©2018 Weblio RSS