スポンサー付きADRとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > スポンサー > スポンサー付きADRの意味・解説 

スポンサー付きADR

アメリカ国内流通するADRのうち、証券発行する受託銀行一行絞り関連業務一括てまかせ方式ADR
ADRAmerican Depositaly Receipt〉は、アメリカ国内アメリカ以外の外国株流通させるために発行する証券のことで、「米国預託証券」と訳されます。アメリカ銀行外国企業から預託を受け、それと引き換え代替証券発行し、売買する仕組みです。ADRプログラムによって、スポンサーなしとスポンサー付き分かれます。スポンサーなしは、外国企業意思とは無関係アメリカ証券会社受託銀行主体となって設定したもので、1983年からはその外国企業ディスクロージャー最低限必要になりました。スポンサー付きは、外国企業主体となってアメリカ銀行預託契約を結び設定したものです。この場合受託銀行を1行に絞り関連業務一括して任せる例が増えています。これを「スポンサー付きADR」と言います。DR預託証券)は、このほかEDRヨーロッパ)、HKDR(香港)、DRSシンガポール)などがあります



スポンサー付きADRと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

スポンサー付きADRのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スポンサー付きADRのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS