キザとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > キザの意味・解説 

き‐ざ【×跪座/××坐】

[名](スル)ひざまずくこと。

仏間にはいって行き、—合掌して念仏を称(とな)えたのだから」〈里見弴・安城家の兄弟


き‐ざ【危座/危×坐】

[名](スル)きちんとすわること。正座端座

寂然(じゃくねん)と—して」〈露伴寝耳鉄砲


きざ【刻/段】

きざみつけた筋。きざみめ

「引かかるよう、—が入れてあるのじゃから」〈鏡花高野聖


き‐ざ【××坐】

足を投げ出して座ること。箕踞(ききょ)。


き‐ざ【帰座】

もとの座に帰ること。特に、神などがもとの御座所帰り鎮座すること。

東大寺神輿東寺若宮より—の時」〈徒然一九六〉


き‐ざ【起座/起×坐】

[名](スル)

起きあがってすわること。

座を立つこと。

威儀師覚俊—して、南の弘庇(ひさし)に出でて」〈盛衰記・三〉


き‐ざ【気障】

[名・形動《「きざわ(気障)り」の略》

服装言動などが気どっていて嫌な感じもたせること。また、そのさま。「気障な話し方

気にかかること。心配なこと。また、そのさま。

化物が…顕れているのぢゃあねえかと思ふから、些(ちっ)と—なところがあらあな」〈滑・七偏人・五〉

不快な感じを起こさせること。また、そのさま。

「そのすうすうとすすり込む音が何分(なにぶん)—だ」〈滑・浮世風呂・四〉


気障

読み方:キザ(kiza)

服装態度やものの言い方などが気取っていて、いやみなこと


跪坐

読み方:キザ(kiza)

ひざまずいて坐する形状礼拝技法一種


キザ

東京方言意味・用例
キザ服装態度行動などが気取っていて、人に不快や反感感じさせる事

キザ

魚津弁(☆印は「ス」と発音する) 意味
キザくじ引き


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キザ」の関連用語

キザのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キザのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
東京方言辞典東京方言辞典
Copyright (C) 2021 東京方言辞典 All rights reserved.
魚津弁魚津弁
Copyright (C) All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS