ガラス入りアスファルト舗装とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 舗装 > ガラス入りアスファルト舗装の意味・解説 

ガラス入りアスファルト舗装

概要
 ガラス入りアスファルト舗装は,一般家庭から回収された廃ガラスびん骨材一部として混入したアスファルト混合物を用いる舗装です。再生利用ができず処分苦慮している廃ガラスの有効利用と,ガラスの光反射する性質利用して路面視認性高めドライバ-の視線誘導注意喚起など安全走行貢献します。
特徴
● ドライバ-の視認誘導注意喚起など交通安全対策
  貢献します
● 路面視認性が向上します
● 舗装路面輝き資源の有効利用で,都市環境
  イメ-ジアップが図れます
用途適用箇所
● 信号機のない交差点見通しの悪い交差点など
● 見通しの悪い山岳道路
● 歩道遊歩道,サイクリングロ-ドなど


ガラス入りアスファルト舗装

ガラス入りアスファルト舗装








ガラス入りアスファルト舗装と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ガラス入りアスファルト舗装のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガラス入りアスファルト舗装のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本道路舗装建設業協会社団法人日本道路舗装建設業協会
Copyright (C) 2021 社団法人日本道路舗装建設業協会 All rights reserved.

©2021 Weblio RSS